2019年09月21日

『麻』



身の回りにある麻のような植物に除染作用があることご存知ですか?



麻は様々な製品原材料として我々の生活に欠かせない植物です。



人間生活に必要な材料としてだけでなく



人間がつくりだした環境汚染を清浄化するというのです。



麻が土壌中のカドミウム金属や放射性物質を除去する機能を有することが見直されています。



麻の放射性物質の除去(除染)機能は



福島第一の汚染除去に使うことが検討されるほどだという。



汚染物質除去のメカニズムは



植物が根から水分や養分を吸収する性質を利用し、



重金属や放射性物質などを汚染土壌から取り除く性質です。



1990年代に

1986年のチェルノブイリ原発事故による周辺地域の環境汚染を受けて)

ウクライナの穀物研究所が産業用麻を放射能除染にはじめて試験的使用を行っています。



研究グループは実験の結果、

麻の放射性金属除去能力が高いことをみいだしました。



2009年にはベラルーシの研究者がチェルノブイリ地区で麻を用いる除染実験を行っています。



研究グループによると除染に使われた麻はバイ燃料として再利用できるという。



チェルノブイリの除染での活用の後、土壌に含まれた



Cs137Sr90、プルトニウムを吸収して除去する試みが福島でも始まろうとしているが、



さらに放射能汚染が深刻な北米大陸の西海岸でも効果が期待されています。


 

麻の除染作用についての記事によれば



麻の持つ放射能除染については1975年にその効能に関する論文が発表されていました。

 



1995年にポーランドの研究所が



麻の重金属吸収でも生育が阻害されず繊維質はそのまま保たれることがわかっています。



米国内の放射能汚染地域は

30,000箇所に登り



そうした地域での麻による除染で



元の環境に戻すことが期待されているが、



麻の生育は工業規制のため進んでいないようです。




身の回りにある麻

除染作用があることは驚きですね。















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年09月20日

『毒水』


               日テレニュース24によると




秋田県仙北市の玉川温泉。



毎分9000リットル湧き出る温泉は、



98で、胃液よりも強い、強酸性。



廃アルミニウムにこの温泉を加えると、水素が発生。



これを燃料に、自動車を走らせ、ドローンを飛ばすことができるようです。





玉川温泉は、湯治場としては人気ですが、



このお湯が川を流れることで、



魚が死に、作物を枯らしてしまいます。



下流の田沢湖では、過去にクニマスが全滅。



玉川毒水と呼ばれてきたそうです。




現在は、施設で源泉を中和させて川へ流しています。



使われるのは大量の石灰石。



温泉水を中和できますが、



地球温暖化の原因、二酸化炭素が大量に発生。



石灰石の代わりに、アルミニウムを使えば、水素が発生します。




毒水と嫌われてきた温泉から、



水素を取り出そうと、現在、東北大学が研究を進めています。




土屋教授

「大変な毒水だったけど、使い方によっては、エネルギーを生み出すことができると考えています」




仙北市ではこの水素をドローンの燃料にしたいと考えています。



観光や農業の利用だけでなく、人が簡単に立ち入れない山で利用。



遭難者の捜索。山崩れの確認や、人を襲う熊の位置を知るために使われます。



学校の授業にも取り入れられ、さらにドローンの活用を進めたいと考える仙北市。



玉川温泉水でドローンを飛ばし、エネルギーの地産地消を目指しているようです。




仙北市・小野田さん

「玉川温泉から、水素がとれること自体、全く想像しなかったので、地域に新しいエネルギー源が眠っているということで、高い期待をしています」















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年09月19日

『お茶』




お茶を飲むことによるがんへの影響としては、



乳がんを防ぐ効果について研究結果が最近も報告されています。



この研究によると、リスクの減る程度は17%と大きなものでした。



中国の華中科技大学のグループが、



口の中のがんを防ぐ効果について分析をしています。



口のがんとは、舌がんのほか、



粘膜や歯肉を含めた内部にできるがんのこと。



こうしたがんに対して、お茶に含まれる



ポリフェノールなどの成分が予防効果を発揮するのではないかとの仮説を立て、



分析を進めています。



なお、これまでの研究からは、お茶には、



乳がんばかりではなく、



前立腺がん、胃がん、胆管がん、卵巣がん、肺がん、肝臓がんを防ぐ効果が報告されてきたといいます。



一方で、膵臓がんや膀胱がんへの効果はないことも報告されているようです。



分析の結果、研究グループは、



口の中のがんのリスクが3割減ることを確認しています。



飲む量との関係を調べると、



1日当たりに飲む量が1杯増えるごとに、



口のがんを発症するリスクが6.2%減るという関係性にあることもわかりました。



ただし、例外もあり、こうした関係は紅茶では見られず、



米国の人には確認されなかったとのこと。



さらに研究は続きそうですが、



カテキンを含めたポリフェノールの成分にこうした予防効果がある可能性はありそうです。



そもそもお茶を飲むとリラックスできるなどのすぐに実感できる効果もありますが、



今回のような病気を防ぐ効果も含め、メリットは幅広いといえるかもしれません。



日ごろからお茶を飲む習慣をもつのはよいことだといえそうです。














posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年09月18日

『カッパ肉』



FB3B9113-6890-426B-8F93-DD287BC98C24.png


スーパーに妖怪の肉が売っていた――!?



ツイッターで話題になっている



「カッパ肉」



思わず目を疑ってしまうラベルの文字。



カッパとはあの「河童」のことだろうか。



河童は水辺などに現れる日本の妖怪として知られていますが、



まさか実在して食べられているとは...



ほかの肉と同様に梱包され、241グラムで554円。



決して安くはないが、普通に買える値段です。




実は…


「カッパ肉=河童」のことではないようです。



牛肉にカッパという名前の部位があるそうです。



カッパは牛の腹部の皮と、脂身の間にある赤いスジ肉を指す。



牛一頭から取れる量は少なく、貴重な部位のようです。



どちらかというとマイナーな部位のようです。




味はスジ肉ということで歯ごたえがあり、



赤身の旨みが感じられるとのこと。



煮込みやボイルで食べるのが良いみたいです。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年09月17日

『めまい』




めまいは、

耳が原因の末梢性めまいと



脳が原因の中枢性めまいに大別されるそうです。



末梢性の代表的な疾患が



「良性発作性頭位めまい症」や「メニエール病」、



中枢性の代表的な疾患が



「脳卒中」です。




めまい疾患の約2%と多くはないが、警戒すべき「怖い」めまいが、



中枢性めまいと呼ばれる、脳卒中(脳梗塞や脳出血)に伴うめまいです。




中枢性めまいは、迅速な措置がカギになります。



ほとんどの場合、中枢性めまいには随伴症状があります。



1]ものが二重に見える



2]話してみてろれつがまわらない



3]手足やからだに痺れや動かしづらさがある



4]自分で立てない



の四つを確認してください。



4]は別として、

1]〜[3]に当てはまらなければ、



9割の確率で、中枢性めまいではありません。



逆に、[1]〜[3]の症状がひとつでもあるなら、直ちに救急要請すべきです。


 

突然のめまいに襲われたとき、耳鼻咽喉科や神経内科、めまい外来に行けばいいのか、



直ちに救急車を呼ぶべきなのか、判断基準を覚えておくといいでしょう。


 

めまいの発症率は、加齢とともに増加します。



高齢になるにつれ、大脳の平衡補正能力が低下するためです。



めまいの要因も複合的になっていく傾向にあるようです。



ひとつ原因を解決しただけでは、治癒にはつながらないこともあるとのこと。



あきらめず、さらに他の原因の可能性を探っていくことが肝要だそうです。















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記