2017年12月07日

水道水

には、塩素が含まれています。
このことはみなさまご存知のことだと思います。

塩素が含まれた水道水を飲まれる方は少なく浄水器を通った水や飲料水を購入されています。

口から摂取するものは警戒されていますが、皮膚や粘膜から摂取することにはあまり気にされていない方が多くいらっしゃると思います。

又、シャワーを15分浴びると霧状に含まれる塩素を鼻の粘膜から吸収する量は水道水、1リットル分に含まれる塩素を飲んだ量に相当されます。

塩素を多く摂取する事でアレルギーなどの病気の原因の一つにもなります。

 アトピーの人は皮膚が薄い人が多いという特徴があります。

 肌が壊れやすい体質の人が、塩素濃度の高いお風呂に浸かると肌細胞が壊され、
 肌のバリア機能・セラミドが流れ、黄色ブドウ球菌などの侵入を容易にします。

 とくに、摩擦が多く、汗もたまりやすい関節の内側から肌が壊れ、
 ダニなどが侵入しやすくなります。

 これがアトピー性皮膚炎を起こす原因になっていきます。


 水道水を飲めば、当然、胃や腸の粘膜細胞が破壊されます。

 腸の乳酸菌、ビフィズス菌などの善玉菌も激減します。

 消化力が落ち、腸壁が傷つくことで、
 腸から未分解のタンパク質が入りやすくなり食物アレルギーが起りやすくなり、
 善玉菌が減り、悪玉菌が増えることで、
 免疫バランス(Th1/Th2バランス)が崩れたり、
 皮膚や粘膜の炎症が抑えられなくなったりします。


水道水を避ける必要があると思います。


0宣言の家では、お家全体の水が安全で体に良い影響を与えてくれる水になっています。


詳しくスタッフまでお問合せください。

posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記