2018年07月31日

「スーパーマーズ」




2EC9ACC6-EB82-437E-B4FD-F678975CCBC3.jpeg


15年ぶりに火星が地球に大接近する



「スーパーマーズ」。



最も接近するのが31日夜。



空を見上げるのが楽しみになるかもしれない。



15年ぶりに火星が地球に大接近する



「スーパーマーズ」。



31日、最も地球に近づきます。



火星は、太陽の周りをおよそ110カ月で回っています。



一方、地球は1年で1周するため、



22カ月に一度、地球が火星を追い越す。



この時、地球と火星が並んで近くなる。



中でも今回、



15年に一度の公転軌道の近い場所での大接近が起きている。



火星の明るさは、



3月ごろのおよそ20倍の明るさで見え、



肉眼でも観察できます。



望遠鏡を使用すれば、



「極冠」



と呼ばれる白い斑紋や、



「大シルチス」



という、



火星表面の黒っぽい模様まで観察できる可能性があるといいます。



31日夜、最も接近する火星。



見られる条件は、南が開けている場所で、



晴れていれば、どこでも見ることができ、



午後11時半ごろが最も見やすい時間帯だという。



特に本州は、広い範囲で見られる可能性が高いようです。



15年に一度の貴重な夜。



空を見上げてみるのもいいかもしれない。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年07月30日

「ヘルパンギーナ」



聞きなれない言葉ですが



ヘルパンギーナとは、



主に子供のかかる夏風邪の一種。



今月に入り、静岡県など複数の地域で患者が急増し、



流行警報が出されています。



大人も注意する必要があるこの病気です。



ヘルパンギーナとは



「夏に流行する感染症なんですけど、



突然39〜40くらいの高熱が出て、



口の中にたくさん水ほうができて、



痛くて食べられない、



そういう状態が続く感染症」



症状は2〜3日ほど続き、



重症化すると無菌性髄膜炎や



脳炎を合併することもあるそうです。



ヘルパンギーナの主な原因は、エンテロウイルス。



高温多湿な時期に増加し、



ピークとなる7〜8月に飛まつ感染や

空気感染などで広がります。



さらに今年は、連日の猛暑で、



ウイルスの増殖が懸念されているんです。



発症する人の多くは、5歳以下の子供なんですが、



大人でも免疫力が落ちていると発熱もします。


ヘルパンギーナの予防接種や治療薬はないため、



日頃のうがいや手洗いが重要です。



喉に強い痛みがでるため、



刺激を与えるかんきつ類や



しょうゆなどの濃い味つけの料理を避け、



冷たいスープやうどん、



ゼリーなど、

のどごしのよい食事が食べやすいんだそうです。



また、エンテロウイルスは熱に弱いため、



70〜80程度の熱湯につけたり、



着ていた衣類は、



塩素系の洗剤で洗うことで、



家族への感染を防げるんだそうです。



小さな子どもが感染した場合、



治療しても

2週間ほどはウイルスが便に残っている可能性もあるので、



おむつ替えをした後はきちんと手を洗う必要があるとのことです。









posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年07月29日

『蚊』



日本に生息している蚊は約100種類。



大きく分けると



ヤブカ、



イエカ、



ハマダラカ



3種類で、動物や人間の血を吸い、



その血を元に1匹につき



100200個ぐらいの卵を作ると言われています。



ちなみに、血を吸うのはメスだけで、



オスは花の蜜などを吸って生きているのだそうです。



メスの蚊が一体どのようにして



動物や人間を見付け出し



近づいてくるのかというメカニズムは



蚊が獲物を認識するのには



3大要素と呼ばれるものがあり、



それは動物や人間が出す



二酸化炭素、



ニオイ、



熱なのだとか。



一番はじめに感知するのは二酸化炭素。



なんと蚊は10メートル先でも



呼気として出てきた二酸化炭素を認識するのだそうです。



とはいえ、この段階では頭にある触覚で認識しただけにすぎず、



「どこかに人間がいるぞ……



というレベルで、



まだ獲物がどこにいるのかまでは分かりません。



二酸化炭素を認識した蚊が次に感知するのはニオイ。



100種類ぐらいあると言われる



汗や体臭などのニオイを辿りながら、



ニオイの濃くなる方向へとどんどん移動します。



そして、ニオイを頼りに獲物のそばまでやってきたら、



最後にそれが生き物だと判断する材料が熱。



蚊は人の体温を認識して、

皮膚の上に取り付き血を吸います。



このように「蚊は段階的に要素を辿って

動物や人間の皮膚まで辿り着くそうです。」



「なぜ蚊は人を襲うのか」



によると、

蚊は視覚や聴覚があり、



中には聴覚で生き物の鳴き声を聴き分ける種類もいるのだそうです。



蚊のほとんどは体長が

15ミリ以下と、



人間とは雲泥の差ですが、



これほど感知能力に長けているとは驚きです。


















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年07月28日

『家づくりセミナー』




13E444A5-223A-4BCE-98B7-CA0E5600E0D8.jpeg

本日も多数の方がご参加してくださいました。


初めてセミナーに参加された方は


『本当に良い家づくり』を


理解されたのでは


セミナーには一度ならず二度三度参加される方も多くいらっしゃいます。


澤田先生の話は『0宣言の家』の進化


健康調査・『0宣言の家』のオーナー様の生の声など最新情報満載です。


次回は、岡山県倉敷市で開催予定です。


本日、ご参加できなかった方
新築・リフォームをお考えの方は


次回のセミナーにご参加ください。






posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年07月27日

お月さま




66E3703A-603C-48FB-ABD8-EB0D230990D4.jpeg



明け方にかけて



皆既月食(月没帯食)



早朝324分に満月が



南西の空で欠け始め、



皆既食は430分に始まります。



早起きをすると見れます。



天候の方も、大丈夫そうです。



この夏、15年に一度の

火星大接近も




7月31日には最も遠い時期に比べ



7倍の大きさで見え、



前後1カ月は普段より大きく輝く

“天体ショー”を楽しめます。




近年の研究で、

地表に川があったとみられる痕跡や



火山活動の跡が見つかるなど、



全貌が解明されつつあります。



火星の南極の地下約1.5kmの深さに



幅約20kmの湖があるらしいことが明らかになり、



725日付け学術誌



『サイエンス』に論文が発表されました



宇宙の謎が少しずつ解明されていきます。



5FE5287B-64B9-453C-A7E2-B6AE7525050D.jpeg

夜空を楽しんでください。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記