2018年09月20日

『腸内環境の改善 2』



昨日に続き

腸内環境の改善方法です。



“腸もみ”で腸のぜん動運動を促す



大腸内内視鏡検査の際、


腸内に溜まったガスを排出するために考えられたのが



「腸徒手圧迫法」で、日常的にも使える運動だという。



「腸徒手圧迫法」のやり方は次のとおり。



1)右の脇腹に枕を当てて横になり、



左手で右脇腹を持ち上げるようにしながら、



腸を1分間刺激する。



枕で上行結腸を押し、



左手で横行結腸を刺激するイメージで。



反対側も同様に



(枕で下行結腸を押し、右手でS状結腸を刺激するイメージで)。



2)あおむけになり、



両手で下腹部をさするように1分間刺激する。



終わりにうつぶせになり、



1分間ゆっくりと深呼吸する。



行うのは腸のぜん動運動が活発になる朝食後がベストだが、



忙しい場合は就寝の12時間前でも効果が望めるそうです。





posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年09月19日

『腸内環境の改善』



腸内環境の改善で


秋の味覚やスポーツを存分に楽し見ましょう。



腸内環境を改善するには


腸の運動を活性化させること



キウイフルーツを毎日食べる



食物繊維が豊富に含まれているキウイフルーツを食べると、


腸の活動が活性化する。



その際、トッピングとして



“オリーブオイル”



をかけるとさらに効果が出るそうです。



キウイを輪切りにして、


その上にオリーブオイルを


ティースプーン1杯程度かけて食べるのがポイント。



オリーブオイルはお腹を温める保温力があるうえ、



腸管を刺激します。



キウイと一緒に食べると、



排便を促進する効果を相乗的に生み出します。



ただし、



食べすぎるとお腹を壊す恐れもあるので、



はじめは2分の1個からトライするとよいみたいです。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年09月18日

『梅干し』



皆さんの食卓に一度は上がったことがあると思います。



毎日食べられる方



たまに食べられる方




梅干しは、体臭予防の王様です。



それだけでなく、



梅干しの殺菌作用は口臭を予防し、



含まれているクエン酸は汗のニオイも抑えます。



体内で



酸・アルカリのバランスがとれていることは、



健康である証拠です。



体臭を予防するバランスよい食事法をすれば、



健康を保つことにもつながります。



日本の代表食の一つ



『梅干し』



ぜひ、毎日食してください。






posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年09月17日

毎日アスピリンは高齢者に危険!




米豪における大規模調査で、


健康な高齢者は毎日1錠の


アスピリンを常用するべきではないという結果が出た。


11錠のアスピリンは、


心臓発作や脳梗塞(のうこうそく)の発症後に有効だと立証されている。


しかし今回の治験では、


70歳超の健康な人にとって


日常的なアスピリン服用は特に効能がないことに加え、


危険な内出血を引き起こす可能性が高まることが分かったという。



詳しくはこちから


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-45545076-bbc-int






posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年09月16日

最近…



疲れすぎてヤバいっていう人はコレを試してみて



1. アラームをかけずにぐっすり眠る。



「毎日毎日、目覚まし時計の音で目覚めるのって疲れません?


だからこそ、週に1回はアラームをかけずに寝る日を作っています。


すっと目が覚めたときに起きるのって良い気分ですよ」



2. 好きなこと、好きなものに囲まれた時間を過ごす。



「大好きな音楽、もしくはお気に入りのテレビ番組を流しながらひたすら絵を描きます。


床や服が汚れることもあるけど、気にせず!


ひたすら絵を描いて、その後にのんびりお風呂に入るんです」



3. できるだけ健康的な食事をして、水をたっぷり飲む。



「水をたくさん飲んで、健康的な食事をする。


私はこの方法で肌の調子を良くして、心と体の調子を整えています。


体の中に何を入れるかはとっても大切。


だからこそ健康的な食事ができなかったときでも、


水分補給は欠かさないようにしています」



4. 天気が良ければ、窓を開けたり、外へ出て新鮮な空気を吸う



「できる限り外に出て、新鮮な空気を吸うようにしています。


長い1日を終えたとき、森の中をゆっくり歩いたり、


ビーチでゆっくりすることほど最高の息抜きはありません」



5. 自分のことを頼ってくれる誰かを持つこと。



「自分を頼ってくれる人がいるって、すごくすごく大切なことです。


最近2歳になった子どもと、朝から晩まで一緒に過ごしています。


この子がいるから自分の体調管理も気をつけるし、

彼にとって良い手本でありたいなって。


だから最近は健康的な食事をするし、水もたっぷり飲むし、


エクササイズもしっかりこなすようにしています」



6. TEDトークを見たり、ポッドキャストを聞いてモチベーションを上げる。



「色々なインスピレーションをくれるTEDトークをフェイスマスクをしながら見れば、


お肌も潤うし、モチベーションもあがるし、最高!」



7. なんでもいい、とにかく自分がリラックスできることをする。



1時間かけてゆっくりネイルをしたりするのがお気にいり。


2人目の子どもが生まれてから、自分のために時間を使うことがさらに難しくなりました。


だからこそ、たまには自分がリラックスできることをすると本当に良い息抜きになるんです」



8. 自分のために時間を使うにはお金が必要?いやいや、

節約しながら自分をケアすることだってできますよ!



「これまでは本を買っていたけど、最近は図書館に行って予約をしておくんです。


こうすればお金はほとんどかからないけど、存分に色々な本を楽しめます」




この記事は英語から翻訳されました。翻訳:千葉雄登











posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記