2018年09月06日

『災害対策』




西日本豪雨に最強台風21号‥

北海道・厚真町で起きた震度7の地震、



各地の被害がとんでもないことになっています。



災害は、いつどこで起こるか分からない



災害対策は日頃から



停電、断水、避難所非常時にどう行動すべき?



安全が確保できてからの行動



火災に注意



地震後の火災を防ぐために、やってはいけない6つのこと



1.停電中の自宅を離れる際は、ブレーカーを落とすのを忘れずに



2.極力、ろうそくなどの裸火は照明として使用しない



3.カセットコンロを使う際は、鍋底がボンベを覆わないよう注意する



4.ヒーターなどを本来の目的と違う使い方をすると危険



5.煙突が壊れたら、風呂釜やボイラーに注意



6.被災した太陽電池パネルは、素手で触らない



二次災害を起こさないように知っておきたいことです。


警視庁警備部災害対策課では

一工夫して非常時の明かりとりの紹介があります。



『皆さん、お持ちの非常持ち出し袋に懐中電灯は入っていますよね?



一工夫してランタンに替える活用術。



懐中電灯の上に水を入れたペットボトルを乗せるだけで、



732E0677-0704-4D8A-9EB8-F9F3B5ECC7E4.jpeg

光が乱反射して周りを照らすことができますよ。



懐中電灯が小さい場合は



コップに入れてやってみてください。



FB6DB2E9-6491-47C9-9D8F-944F3E501EC0.jpeg

火を使わないので安全です。』









posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記