2019年04月07日

『口内ケア』



プレジデント誌によるアンケートでは、



シニア1000

(55歳から74歳の男女)を対象に



「今、何を後悔していますか」と尋ねるアンケートを行った(20121112日号)。



すると、健康面では、運動不足や食事の不摂生、毛髪の手入れ不足などを上回り、



「歯の定期検診を受ければよかった」がトップになった。



「もっと歯を大切にすればよかった」と思わせる現象が、この年代に入ると起こるようです。


5DC495CE-06D2-49B5-9CCE-B7286E2042C0.jpeg

プレジデント誌では、



口の中を見れば寿命がわかるという。


口の中がどんな状態だと、早死にするのか?



という記事が



内容は

酒を飲んでそのまま寝てしまった朝、歯の裏や舌の上、口の中を覆っている口腔粘膜全体が、ネバネバで不快な感じになったことはないだろうか。


口の中には、何百種類もの細菌が棲み着いていて、これが、口の中に残った糖をエサに大繁殖し、ネバネバの粘性物質を作って口腔内にべったりと張り付いているのだ。


これを口腔バイオフィルムという。プラーク(歯垢)ともいうが、バイオフィルムの中では歯周病菌も、大繁殖する。歯周病菌は菌の細胞膜そのものに毒があるため、歯肉に触れただけでも炎症を起こす。


悪くなると膿が出て、ひどい口臭がするようになる。 自覚症状としては、歯を磨くと血が出る程度で痛みもないことが多い。



だが、鏡で口の中を見ると、歯の間の歯肉が赤く腫れ、軽くぶよぶよしていたり、また最近歯間に食べ物が詰まりやすくなったと気づくだろう。


 

実は、歯周病の人の口の中は、歯肉だけでなく粘膜全体が赤くただれているのだ。



舌の表面に白いカビがこびり付いて「舌苔(ぜったい)」ができている人も多い。



口内炎もできやすくなり、喉の奥が赤く腫れて白い粒々が付いている。



これらはみな、歯周病という感染症の症状で、全身の病気を引き起こす寿命に関係する怖い兆候だ。



では、なぜ歯周病菌が全身の病気を引き起こすのか。



歯肉に腫れが起こると、体はリンパ球や白血球を集結させて炎症を抑えようとする。



このとき、歯肉にはリンパ球を送り込むための新しい血管が作られる。



この血管の中に歯周病菌が入りこみ、全身へと流れていってしまうのだ。


 

全身の血管をめぐり始めた歯周病菌は、あちこちで血栓を作って血管に付着し、血液の通りを悪くする。



これが心臓に近い冠動脈で起これば心筋梗塞、脳血管で起これば脳卒中、腎臓の血管が詰まれば腎不全になる。



酒も飲まないのに起こる非アルコール性脂肪肝炎(NASH)や、近年、患者数が急増している潰瘍性大腸炎でも、歯周病菌が肝臓や大腸にまで至り、作用していることがわかってきている。


 

また、歯周病は糖尿病とも関係している。血中に糖があふれ、血管を傷つけるのが糖尿病だが、



あらゆる治療をしても血糖コントロールできなかった人が、歯科で歯周病を治したら、糖尿病治療もうまくいくようになったという報告もたくさんあるそうです。



若いうちから、口内ケアはしっかりと行うべきですね。











posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記