2019年04月08日

『足のお手入れ』




時事通信によりますと



毎日、足を洗っていますか。



こう聞かれて、自信を持ってイエスと答えられますか。



1日に何度も洗う手と違って、足はつい手を抜いてしまいがちな場所です。


 

特に、お風呂はいつもシャワーだけという人は、



なかなか足をきちんと洗う機会がないのでは。


 

1日の終わりに、足を丁寧に洗うようにすると、



タコやウオノメ、イボ、水虫などの早期発見にもつながります。


 

毎日、必ず足を洗っていれば、



白癬(はくせん)菌(=水虫)やイボウイルスの感染を防ぐこともできます。

 


◇多数の人が素足になる場所

水虫はこうやって感染する

 


スポーツクラブやプールでお風呂は済ませてきたから、



家での入浴は省略するという人も多いようです。


 

不特定多数の人が素足になる場所は、



白癬菌やイボのウイルスに感染するリスクが高いので、



必ず家に帰ってから、足だけでも洗うことを習慣にするよう、お勧めします。


 

たとえ感染しても、24時間以内に洗い流せば、



水虫やイボができることはありません。



せっけんで指の間も丁寧に洗うようにしましょう。


 

いつも同じ場所にタコやウオノメができて、



ヤスリで削り取っているという人は、皮膚ではなく、



足のアーチの崩れなど、



構造上のトラブルの結果としてできている可能性が高いです。


 

土踏まずのアーチがつぶれていないかどうか、



靴は足に合っているか、



姿勢や歩き方はどうかをチェックしてみましょう。



B950EC0F-F9ED-4921-9E26-BBA6A3820A9E.jpeg









posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記