2019年04月10日

『足のお手入れB』




掃除用などで注目されている重曹ですが、足のケアにも役立ちます。


 

重曹は炭酸水素ナトリウムという薬品で、



汚れを溶かして角質を落としやすい状態にしてくれます。



さらに、血液の循環を良くする働きもあるので、冷えの予防にも効果的です。


 

重曹足湯は、洗面器などに重曹小さじ2程度を入れ、足を15分ほど浸します。



重曹風呂にするなら、入浴剤を入れる感覚でお風呂に大さじ23程度を入れて入浴します。

 


◇爪の切り方

 


爪の切り方で巻き爪になるわけではありませんから、



それほど神経質になる必要はありませんが、



足の爪は指の肉が隠れるくらいの長さで真っすぐにそろえ、



両端の角を少し落としたスクエアオフの形が良いとされています。


 

爪やすりを使うとより安全です。



やすりは往復させずに、一方通行でかけるのがコツです。


 

足の爪を伸ばし過ぎると、転んだときの衝撃で剥がれてしまう場合があります。



長過ぎず、短過ぎない長さに整えておくようにしましょう。











posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記