2019年04月25日

『気象病』



季節の変わり目には体調を崩す人が少なくありません。



この10連休は寒暖差が大きくなることが予想されています。



自律神経の機能を高めて気象病を克服する



気象病を克服するには自律神経の機能を高めることです。



今の季節は次のような生活習慣を実践するとよいそうです。


E1360FED-2904-4B2B-BF7D-F0696C462CF7.jpeg

1)朝食を取る前,起床時に1杯の水を飲む

 


「水を飲むことで胃腸の神経が適度に刺激され、


朝食の消化吸収がよくなり、腸の働きが活性化し、



自律神経のバランスを整える効果もあります。




2)手首,足首,胸首の3つの“首”を温める



3つの“首”を温めることで、リラックスできるようになったり、



血流がよくなってコリもほぐれ、全身の疲労感が解消されやすくなります。



疲れを感じたときや、就寝前がおすすめ。



炭酸入浴も、自律神経の機能が高まるという研究結果があります」





3)就寝前にぬるま湯に浸かって熟睡する

 


3941℃程度のぬるい湯船に510分ほど浸かり、



体を温めてから寝床に入ってください。



人は上昇した体温が下がるときに入眠すると熟睡できます。



深い睡眠をとれば気象病も軽減できるのです」


 


自律神経の機能を高めるには、適度な運動も効果的です。



身体を動かすことで血流もよくなり、自律神経の機能が高まるからです。



散歩など日常生活の中で続けることができる運動で春の気象病を克服してください。















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記