2019年04月30日

『腸の老化』B




腸の老化を防ぐ9種の食材と栄養素 



五つ目は


5】植物性乳酸菌



生きたまま大腸に届く




617F95C5-F033-421A-BA8F-F455A7E0E292.jpeg
味噌・醤油・漬物

ヨーグルトなど動物性由来の乳酸菌と比較して、



酸やアルカリに強く、生きたまま大腸に届きやすいことが分かっています。



腸内環境を弱酸性にして、善玉菌がすみやすい環境をつくります。



6】ファイトケミカル



抗酸化作用で、がん化を防ぐ



C6167EB1-CB69-4BDC-83BE-1FB490A709DD.jpeg
ポリフェノール(赤ワインやコーヒー)
含酸化化合物(ニンニク、玉ねぎ、ブロッコリー、白菜、ネギ)
脂質関連食材(ニンジンのβ-カロテン、トマトのリコピン、ほうれん草のルチン)
アミノ酸関連物質(アスパラガスに含まれるグルタチオン)
香気成分(グローブオイルに含まれるオイゲノール、柑橘系のリモネン)
糖質関連物質(大麦やきのこのβ-グルカン、海藻のフコイダン、リンゴのベクチン)


老化とともに進行するのが、活性酸素による体のサビ。



活性酸素は細胞を攻撃し、がんなどを引き起こします。



活性酸素を無毒化する抗酸化作用を持つのが、



植物に含まれるファイトケミカルです。




7】ペパーミント



腸内のガスを排出し、腸をリラックスさせます。



主成分のメントールは、腹痛や腹の不快感のもとになる筋肉の過度の収縮を抑え、



腸をリラックスさせる。



膨満感の原因となる、腸内のガスを排出しやすくする働きもあります。




8】ココア



便通が改善、抗酸化作用も強い



食物繊維リグニンを含み、古くから便通改善効果が高いことが知られています。



抗酸化作用の強いカカオポリフェノールも含み、全身の血行を促進する。



濃いめに作ると保温効果も高い。




9】マグネシウム


古くから便秘薬として用いられる



E55BBF82-1337-4E5A-8009-561BD7A27774.jpeg
雑穀・大麦・海草類・ほうれん草・サツマイモ

納豆・バナナ・アーモンドも豊富に含まれています。


体内でエネルギーをつくり出す際に欠かせないミネラルだが、摂取量は不足気味です。



腸の内容物に水分を引き寄せ、軟らかくして排出をスムーズにします。



マグネシウム製剤は便秘薬でもあります。






posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記