2019年05月31日

『シムズ位』




筋トレでフォームが大事なように、眠る姿勢も大切です。



多くの人は仰向けに寝ようとするが、



それだと舌の根元や喉の筋肉が重力で垂れ下がり、



気道が狭くなって呼吸しにくくなり、



自律神経の負担が増える。



イビキは狭い気道を空気が通るときに発するから、



イビキをかいて寝る人は要注意。



気道を確保するには、抱き枕などを活用して横向きに寝た方がいい。



それだけでも80%の人はイビキが改善するという。




横向きのなかでもラクなのは



「シムズ位」



といわれる姿勢です。



アメリカの産婦人科医シムズ氏が妊娠時の安楽姿勢として提唱したもの。



左側面を下にして横向きに寝て、



右の股関節と膝を曲げる姿勢です。



これだけで喉が詰まりにくく


内臓にも負担がかからず、


自律神経にも優しい。




「左側を下にすると胃の入り口が下、出口が上になって胃の負担が増えるので、



胃下垂などで胃が弱い人は右側を下にするといいでしょう」




枕も横向きの姿勢でオーダーすると自然に横向きで寝やすくなります。



睡眠は、脳疲労を取るために大事なことです。



良い睡眠を















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年05月30日

『シワ』



ニッポン放送「草野満代夕暮れWONDER4で、



『しわが出来る原因とその予防法』について医師が解説しました。




リスナーから寄せられたメール。


『しわが1本できた!しわはなぜできるの?食い止められないの?』



に対して、医師が回答しました。




「顔にできるしわの1つ目の原因は皮膚の弾力やハリの低下です。


2つめの原因は、歳を重ねることで表情筋が衰えてしまうこと。


そして3つめは、加齢によって皮下脂肪が減ることです。


頬の筋肉の支えが弱まり、脂肪が下がってしわが目立つようになるのです。



日常生活の中でしわを予防するには、


日焼けをしないように心がけることで光老化を抑制することが大切です。


乾燥肌の人もしわになりやすいので保湿もとても大切です。


しわを増やさないために日常生活で気をつけたい習慣としては、


喫煙・姿勢・急激なダイエットです。


喫煙は血流を悪くして皮膚の新陳代謝を乱すため、


肌が乾燥してしわが深くなりやすくなります。



また、食べ物を片方だけで噛むクセがあったり、


やわらかい食べ物を好む人はほうれい線ができやすくなります。


スマホ・パソコンをよく使うという人も前かがみになりがちで


姿勢が悪くなりほうれい線ができやすくなります。


そして急激なダイエットでやせてしまうことも


皮下脂肪が減少して顔のしわを目立たせます。




以上のような肌のハリと潤いを保つための毎日の積み重ねが、しわの進行を遅くしてくれます。」



スマホの使い過ぎも

「シワ」の原因の一つようです。











posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年05月29日

『キャベツ』



キャベツは年中スーパーで販売されていますが、



旬の時期があり、大きく3つのシーズンに分けることができます。



まず1月〜3月は冬に収穫される冬キャベツ。



2つ目は3月〜5月に収穫される春キャベツ。



3つ目が78月に収穫される夏キャベツです。



キャベツの栄養、効果


・ビタミンU


キャベツはビタミンUを多く含んでいるのが特徴です。


ビタミンUは別名キャベジンと呼ばれており、胃や十二指腸の健康を保つことに優れた効果があります。


胃腸薬の「キャベジン」もこの成分が名前の由来となっていることでも有名です。


とんかつなどの付け合せでキャベツが多いのは、キャベツには揚げ物による胸焼けを防ぐ効果も期待できるからなのです。




・ビタミンK


キャベツはビタミンKも多く含んでいます。


ビタミンKには血液凝固作用があり、止血が早くなり、かすり傷などの治りが早くなる効果が期待できます。




・カルシウム


キャベツはカルシウムも多く含んでいます。


カルシウムは骨や歯の構成要素であることは有名ですね。


イライラしたらカルシウムとれというように、精神的な興奮や緊張を和らげる効果もあります。




βカロテン


キャベツ外側の緑色が濃い部分には、βカロテンが多く含まれています。


βカロテンは体内に取り込まれるとビタミンAに変わります。そして、目の健康維持・視力障害の防止に効果が期待できます。


また、内臓の粘膜を健康に保ち、風邪の予防にも一役買っています。



・カルシウム


骨や歯を作る栄養素であるカルシウムも含まれています。


特にキャベツはビタミンCやビタミンKをあわせてとれるため、骨を丈夫にする効果が見込めると考えられています。


また、カルシウムには精神安定にも効果的といわれており、外側の葉と芯の近くに特に多く含まれているそうです。


また、カルシウムだけでなく、リン・カリウム・マグネシウムなどのミネラル分が多く含まれ、体を助けるさまざまな作用が期待できます。




・カリウム


カリウムは生命活動を健康に維持するために重要な栄養素です。


カリウムには血圧を下げる作用があるので、高血圧の予防につながります。


また不足していると、筋肉の動きが悪くなり、けだるさを感じるようになります。




・葉酸


キャベツやホウレン草に多く含まれる葉酸は赤血球を作ったり細胞の分裂をする際に必要な栄養素です。


発育に特に必要な栄養素のため、妊婦さんにはとくに必須といえる栄養素です。




ビタミンCやビタミンUは水溶性のビタミンであるということ。なので、水につけすぎると、キャベツに含まれているビタミンがどんどん逃げてしまいます。


キャベツを洗う時は、サッと洗って水につけすぎないよう気をつけましょう。


ビタミンUやビタミンCなどを効率よく摂取するためには、生食がおすすめですが、生のキャベツには体を冷やす性質があります。


冷え性の人は食べ過ぎないように注意しましょう。















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年05月28日

『ローズマリー』





アロマや香水、あなたはどんな香りをセレクトしていますか?



イギリス北部のハロゲートで行われた、英国心理学協会の年次総会で発表された最新の研究により、



ローズマリーの香りが記憶力を向上させることが明らかになったそう。



この内容についてアメリカ版ウィメンズヘルスからご紹介。




イギリスのニューカッスルにあるノーザンブリア大学の研究者たちは、



66人の被験者に、ローズマリーの香りが漂う部屋と、



何も香りがしない部屋のどちらかへランダムに入室してもらい、



テスト(クイズや単語捜しパズルなど)を30分間受けてもらった。




実際にこのテストは、彼らの長期的な記憶力を観察するために、



本来の試験から被験者の気を散らすように設計されたもの。



本来の試験とは、テスト終了時に、指定された時刻に別の作業に取り掛かることや、



研究者に依頼されたことを覚えていて実行できるかどうかを評価するもの。



被験者たちは、指示を受けたタスクを思い出し、



全てを完了するまでにかかった時間に基づいて採点された。




結果、ローズマリーの香りを嗅いだ被験者たちは、高い記憶力を発揮したという。



この研究著者であり、ノーサンブリア大学の心理学長を務めるマーク・モス博士は、



ローズマリーの精油に含まれるユーカリプトール(シネオール)と呼ばれる化合物が



記憶形成の一部になることは、過去の動物実験や試験管を用いた実験でも証明されていると話している。




ユーカリプトールは空気中に蒸発し、



息を吸い込むと血液中に取り込まれる。



「アロマの香りを嗅いでユーカリプトールが血液中に入ると、



血液を通して脳に運ばれ、記憶をつかさどる部位に作用すると考えられます」


とモス博士。



さらに研究者たちは、

この実験でローズマリーの香りが漂う部屋にいた被験者たちの血液を調べた結果、



血液中のユーカリプトール濃度が高かったことも突き止めたそう。




最近忘れっぽいのが気になる人は、



ローズマリーの香りがするアイテムを持ち歩いてみるといいかも。





この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年05月27日

『緑』




 

緑を見ていると、リフレッシュしたり、



穏やかな気持ちになりますが、



これには色の効果が影響しているといいます。



人は視覚から7090%の情報を得ているとされてます。



視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感のうち、



視覚の影響がとても大きいのです。



視覚から得られる情報の1つが色です。



色には、気持ちを高めたり、



リラックスさせるなど、



心理的効果があることがわかっています。



例えば、赤系の色に暖かさ、



青系の色に寒さを感じることから、



暖色系の色、寒色系の色と呼んでいます。



また、同じ重さの箱でも、明度の高い色だと軽く、



暗い色だと重く感じます。



人が視覚により認識できる光は、



波長が780nm(ナノメーター)の赤から380nmの紫までです。



緑は550nm前後と、



スペクトルの中間に当たります。



緑は、興奮でも鎮静でもない、調和のとれた色なのです。



色彩心理学では、赤、緑、青(光の三原色)や



白、黒といった、はっきりした色は人に緊張感を与えるとされています。



脳と睡眠の研究から、



寝室のカーテンなどには神経を高ぶらせないやわらかな色あいのものを選ぶと良いそうです。



新緑の季節に緑の多い場所へ出かけて、森林浴のような楽しみ方をするのは、



脳の疲れを取る意味でもよい効果が望めます。



また、生活のなかで、新緑を見てちょっと安らぐ時間を持つこともお勧めです。












posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記