2019年05月31日

『シムズ位』




筋トレでフォームが大事なように、眠る姿勢も大切です。



多くの人は仰向けに寝ようとするが、



それだと舌の根元や喉の筋肉が重力で垂れ下がり、



気道が狭くなって呼吸しにくくなり、



自律神経の負担が増える。



イビキは狭い気道を空気が通るときに発するから、



イビキをかいて寝る人は要注意。



気道を確保するには、抱き枕などを活用して横向きに寝た方がいい。



それだけでも80%の人はイビキが改善するという。




横向きのなかでもラクなのは



「シムズ位」



といわれる姿勢です。



アメリカの産婦人科医シムズ氏が妊娠時の安楽姿勢として提唱したもの。



左側面を下にして横向きに寝て、



右の股関節と膝を曲げる姿勢です。



これだけで喉が詰まりにくく


内臓にも負担がかからず、


自律神経にも優しい。




「左側を下にすると胃の入り口が下、出口が上になって胃の負担が増えるので、



胃下垂などで胃が弱い人は右側を下にするといいでしょう」




枕も横向きの姿勢でオーダーすると自然に横向きで寝やすくなります。



睡眠は、脳疲労を取るために大事なことです。



良い睡眠を















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記