2019年06月04日

『トマト』




真っ赤な色から見るからに栄養がありそうなトマトですが、



実際、どんな栄養分が入ってるのでしょうか。



◎トマトの赤は……

赤色の正体は、リコピン。



生活習慣病の原因ともなる活性酸素を除去する働きに期待が持たれています。



また、リコピンは体内で脂肪細胞が増えるのを抑えたり、



脂肪を吸収しにくくする効果にも期待が持てます。



◎トマトのうまみは……



トマトには、うまみ成分であるグルタミン酸やアスパラギン酸などのアミノ酸が豊富に含まれています。



グルタミン酸は脳のエネルギー源として記憶力や集中力を高める効果に期待が持てます。



アスパラギン酸は、有害なアンモニアを体外に排出する効果に期待が持たれています。



◎トマトの酸味は……



さわやかな酸味がおいしいトマトですが、その正体はクエン酸です。



クエン酸は食欲を増進させ、疲労を回復する効果に期待が持てます。



また、糖質の代謝を促して脂肪の燃焼を助ける働きにも期待が持たれています。



◎トマトの甘みは……

トマトの甘みはグルコースと呼ばれるブドウ糖とフルクトースと呼ばれる果糖です。



糖分は人間の体にとって重要なエネルギー源となります。



◎疲労回復におすすめ



活性酸素を抑制する効果に期待が高いリコピンは、体の酸化を抑え、



老化を予防するほか、クエン酸は食欲増進や疲労回復に。



トマトの甘み成分は、脳や神経のエネルギー源となり、疲れをリセットする効果に期待が持てます。



トマトと言えば赤!ですが、赤色は興奮作用があり、代謝をよくする効果に期待が持てます。



こうした効果を知ると、トマトを見て、食べることによって、夏バテとさよならできるかもしれませんね!



◎日焼けした肌の回復におすすめ



トマトは、夏の紫外線ダメージを受けた肌におすすめです。



まずリコピンがシワやシミの原因となるメラニンの発生を抑える効果に期待が持てますし、



トマトにはビタミン類が豊富に含まれているので、肌荒れ予防や荒れた肌を回復する効果に期待が持たれています。











posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記