2019年06月14日

『あかりと睡眠』




“明かりをつけて寝る女性は、太る”!?




今週、その睡眠に関する“驚きの調査結果”が発表されました。



夜に電気をつけて寝ることは、女性の体重増加につながる



なんと“明かりをつけて寝る女性は太る可能性が高い”という。




アメリカの国立衛生研究所が、約4万4000人の女性を対象に5年の歳月をかけて行った調査で、



睡眠時の明かりを「照明・テレビの明かり」「真っ暗」などに分けて調べた。



5年後に体重などを計測すると、照明などをつけて寝る女性の方が5キロ以上太る割合が17%高かったという。



詳しい因果関係はまだわからないという。




睡眠専門医の話では



「照明をつけて寝ると睡眠の質が悪くなる可能性があって、睡眠の質が悪くなると体が危機的な状況と思い込み、エネルギーをためようとして太るという関係があるかも」




部屋を明るくして寝ると、体がストレスを感じ、エネルギーを求めて食欲が増すことがあるという。



睡眠直前の飲酒やスマートフォンの使用も、睡眠の質を下げる原因になるという。



寝るときは、真っ暗にしましょう。




















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記