2019年06月25日

『足のつり』




更年期に入ってから足がつりやすくなったかも、と思っている人は多いかもしれない。



ふくらはぎだけではなく、足の裏や甲がつることもある“足のつり”。



突然の激痛にどう対処したらいいのだろう?



東洋医学では、不調の原因は全身の問題としてとらえます。



足がつるというとそこだけにとらわれてしまいますが、



“気・血・水”の3つのバランスが乱れて、



巡らない体になっていることが根本的な原因があるそうです。



対処法は



≪冷えを予防≫


寝る前の足湯やレッグウォーマーは有効



「ホットフラッシュで暑がりだから」と、じっくりお風呂につかるのが苦手な人には、



寝る前の半身浴や足湯で足を温めたり、レッグウォーマーをつけて過ごすのがおすすめです。



上半身がのぼせていても、下半身を温めると意外に気持ちのいいものです。



下半身を意識的に温めることがおススメです。




冷えとりのツボを押して、巡りのよい体づくりを



足の血流をよくするには、



「三陰交」(内くるぶしから指4本分上)、



「委中」(膝の裏の真ん中のくぼみ)、



「承山」(アキレス腱が途切れたあたりのくぼみ)



を指の腹で押しつつ、



イタ気持ちいい力加減でふくらはぎをさすり上げると効果的。



特に三陰交は冷えとりに効く婦人科系のツボとして知られています。




≪酸素不足を解消≫



「丹田」を意識して、深〜く呼吸する



東洋医学ではおへその下10cmあたりに、「丹田」という“気の中心”があると考えられています。



この「丹田」にエネルギーをためる意識をしてふーっと息を吐き、



そこから全身に気が巡り、血流が行き渡って酸素が隅々に運ばれるイメージで呼吸しましょう。



呼吸が深くなってリラックス効果があり、足のつり予防にも役立ちます。




≪血行をよくする≫



自分の体の硬いところや股関節をマッサージ



足がつりやすい人は、意外にも太ももの筋肉も張っていることが多いそうです。



自分の体の硬いところをさすって、ほぐそう。



また、股関節をさするのも血行促進に効果的。



あぐらの姿勢で、体の硬いところや股関節の真ん中を、手をグーにしてマッサージするのがおすすめです。



ゆっくり呼吸しながら、イタ気持ちいい力加減で行ってみてください。












posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記