2019年07月01日

『ナッツ』



栄養素が多く、アンチエイジングなど嬉しい効果もあるナッツ。



しかし食べすぎると太ってしまう可能性も…



ナッツに豊富に含まれる栄養素には、「ビタミンE」があります。



ビタミンEは、強い抗酸化作用を持ちます。



老化の原因になる活性酸素を除去し、



アンチエイジングに役立ちます。



ナッツには「不飽和脂肪酸」も豊富に含まれています。



不飽和脂肪酸は、血液をサラサラにして動脈硬化を防ぎ、



コレステロール値の上昇も抑える役割が期待できます。



栄養素がたっぷりでたくさん食べたくなるナッツですが、



「脂質が多い」ため、食べ過ぎると肥満の原因になります。



ナッツには「不飽和脂肪酸」という血液をサラサラにしてくれる脂肪酸が豊富と述べましたが、



これらは健康には良さそうですが、実は脂質です。



例えばアーモンドでは、100gあたり約600kcalものカロリーを持ち、



そのうち約80%は脂質からのエネルギーです。



お手軽に口の中にポイポイ入れてしまうナッツですが、食べ過ぎは注意です。



「素焼き」「殻つき」「フライ」など種類かあると思います。



もちろん、「フライ」は油が使われているので、カロリー摂取量が多くなります。



ナッツを食べたいときは、

「素焼き」「殻付き」のものを選ぶようにしましょう。



ナッツは高カロリーの食材であるため、



あまり運動習慣がない人は1100kcalくらいまでにとどめておきましょう。



アーモンドだと約15粒、



カシューナッツだと約8粒程度です。



ナッツは栄養素が高く、食べやすいためついついたくさん食べてしまいます。



しかし、食べすぎには注意。



脂質が多いため肥満の原因にもなりますし、



加工状態によっては塩分の取りすぎにも繋がります。



適切な食べ方、適量を理解してナッツを楽しんでください。















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記