2019年08月26日

『睡眠力』




「睡眠不足」って言葉はよく聞きますけど、



「睡眠充足」はあまり聞かないないですよね。



睡眠を、普段の生活で大事に考えることはあまりないのですが、



実は毎日のパフォーマンスは毎日の睡眠にかかっているんですよ♪



明日のテストのため、プレゼンのため、企画書のため



現代人は睡眠を削ってパフォーマンスをあげようとしますが、



実は本末転倒なことなんです。



睡眠は生物の大事な生理現象。



人間は生物です。


 

なので、脳みそも体も十分な休息を取らないと働かないように出来ているんです。



生物的なルールを無視して睡眠を削ってしまうと翌日のパフォーマンスを大きく下げてしまうことになってしまいます。


 

逆をいえば、




良質な睡眠をとること=睡眠を第一に考える習慣



がついてくると、毎日の生活が良い方向へ変わってきます。


 

脳が冴え渡り、体は機敏に動き、仕事や勉強もはかどって周りともうまくいく。



美容面や健康面でも色々なプラス作用が増えて、



病気を寄せつけずに長生きできるようになる。


 

それが「睡眠力」です。




一生の3分の1の時間は睡眠。



昔から、人間はこの3分の1の時間をどうにかしてもっと有効に活用できないかといろいろと考えてきました。



そんなに寝るなんてもったいない!



寝ないで済めばあれもこれもできる、もっと遊べる、仕事ができると。


 

でも、現在いくつかの疫学によって睡眠時間が短い人ほど寿命が短くなることが明らかになっているんです。


 

睡眠中、頭や体の中では疲労を回復させて翌日も元気に活動するための生命現象が着々と進行しています。



疲労物質の排出、細胞や筋肉の修復、各種ホルモンの分泌。



様々な作用が睡眠中に行われているんです♪


 

ですので、生命現象のメカニズムの重要性を知れば



「寝ている時間がもったいない」とは決して言えませんよね。


 

睡眠時間は無駄な時間ではなく、



心身をリフレッシュ、リセットするための「貴重な時間」です☆




ベストは睡眠時間は6〜8時間!



死亡率を見ても7時間寝ている人が一番低く、



もっとも寿命が長いことがわかっているそうです。


 

ただし、おとといは4時間で昨日は10時間睡眠、



平均すると7時間睡眠、というのはだめ!


 

短眠と長眠を不規則に繰り返すパターンは体のリズムを崩し、



かえって心身の健康を損ねやすくなってしまうので、



毎日コンスタントに7時間睡眠を続けていくのがいいとのことです♪

















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年08月25日

『睡眠』





アメリカの医学界では以前から



「メタボの予防と解消には睡眠不足を解消すること」



が必要不可欠であると言われているそうです。



アメリカコロンビア大学の研究チームが行った疫学調査では



79時間睡眠の人に比べ、



4時間睡眠の人は肥満率が73%も高く、



5時間睡眠の人の肥満率は50%も高い」



ことがわかっているそうですよ!


 

また、別の調査では



「短時間睡眠な人は食欲亢進ホルモンのグレリンが増加して、食欲抑制ホルモンのレプチンが減少する」



こともわかっている。



ちょっとわかりにくいですが、



すなわち、睡眠時間が短くなるほと食欲が抑えられなくなり、



ついつい食べてしまうということです。


 

このように睡眠不足は肥満や高血圧、高血糖を招き、



メタボになるリスクを大きくアップさせてしまうようです。











posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年08月24日

『山陰柴犬』




国内外で人気のある柴犬の中に、



独自の血統と特徴を持つ犬がいます。



鳥取県固有の山陰柴犬です。



温和で人に従順な性格の小型犬で、



山陰地方の人々に寄り添ってきました。



戦争や感染病の流行など何度も絶滅の危機に瀕しながらも先人たちに守られ、



命が受け継がれてきた山陰柴犬。



保存活動にあたる山陰柴犬育成会(鳥取県湯梨浜町)は



「これからも日本古来の命を未来につないでいきたい」と言われています。



日本にはかつて特定の地域のみに生息する



「地犬(じいぬ)」



と呼ばれる日本犬が多く存在していました。



山陰柴犬もそのひとつで、祖先は朝鮮半島から渡ってきたとされ、



南方系の信州柴犬とは異なる特徴やルーツを持つといわれています。



山陰柴犬は何度も絶滅の危機にさらされてきましたが



近年はインターネットに取り上げられる機会が増え、



その風貌や気質からジワジワと人気が上昇。



現在約450頭に増えています。



日本犬も文化として貴重な宝



大切にしていきたいですね。


















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年08月23日

『アクリルアミド』




アクリルアミドとは、化合物の一種。



『遺伝毒性』を持つことがわかっています。



アクリルアミドが体内に入り、代謝される過程で遺伝子にくっつき、突然変異を生じさせる。



これを『遺伝毒性』と呼び、そうして出来た異常な細胞が後にがん細胞になりやすくなるのです。



ラットの実験では有意にがん発症率が上がることが実証され、



ヒトに対しても発がん性を有する疑いがあるとされています。


 

そのため、国際がん研究機関(IARC)は、これを発がん性の科学的根拠の強さ順にグループ分けして、



5段階中、2番目のランク(2A)に分類している。



タバコや酒に次ぐクラスだ。


 


このアクリルアミドは、もともと食卓にはないと考えられていた物質。



工業用で、主に水処理剤や土壌凝固剤として用いられていたという。



発がん性もあって「劇物」指定され、



工事現場では厳重に管理されていたから、一般に知られることはなかった。


 

ところが、90年代末、世界の食品関係者に衝撃を与える出来事があったという。


 食品安全委員会の事務局によれば、


「スウェーデンでトンネル工事の最中、水漏れが発生。



工業用の資材に含まれていたアクリルアミドが大量に流れ出し、魚が死に、牛にも麻痺症状が出たんです。



そこで、政府は作業員や周辺住民の体内のアクリルアミド濃度を検査した。



すると、明らかに汚染地域から離れている住民からも低濃度ながらそれが検出されました。



そこで調査の結果、ある種の食品からもアクリルアミドが検出されることがわかったのです。



当時、多くの研究者にとって衝撃でした」


 

この研究結果が発表されたのは2002年。



まだ20年も経っていない。



逆にこのトンネル事故がなければ、



人類は食品にそれが含まれていることにまだ気が付いていなかったかもしれない。



それにしてもなぜ食品から工業用物質と同じものが出てしまうのか。


「食品中に含まれる還元糖とアミノ酸の一種・アスパラギンを、120150度で焼いたり、炒めたり、揚げたりすると出来ることがわかっています」


 

とはいえ、還元糖やアスパラギンを豊富に含む食材は、穀類、いも類、野菜類と幅広い。



これらを高温加熱した料理ではアクリルアミドが発生する可能性が高くなるため、



かなりの食品に含まれることは想像に難くない。


 

このうち、値が高めに出るものを指摘するだけでも、


▽いもを揚げた「ポテトチップス」「フライドポテト」


▽小麦を使った「クッキー」「ビスケット」などの焼き菓子


▽豆や葉を高温焙煎した「コーヒー」「ほうじ茶」「麦茶」


 

など、スーパーの棚にあふれる見慣れた商品の名が挙げられるのだ。



とりわけコーヒーやお茶は毎日飲む方も多いだろうから、調査結果には驚きです。



もちろんメーカーはアクリルアミドの濃度について自主的には公表していない。



そこで、大手メーカーの主力商品について、ISO取得の検査機関に依頼し、濃度を独自に調査した。



その結果が表では



業界の二大メーカー、「カルビー」「湖池屋」の値が群を抜いて高かった。



「アクリルアミドは意図せずできてしまうもの。



食品添加物のような意図して加えるものではないので国の管理が利きません。



遺伝子を傷つける作用を持っているので、わずかでも存在すれば、細胞をがん化させる可能性が上がる。



そのため、この量までなら大丈夫という許容量を設けることが難しい。



できる限り量を減らす必要があります。


 

海外に目を向けると、アメリカのカリフォルニア州では昨年、



裁判所が「コーヒーに、発がん性成分が含まれるとの警告表示が必要だ」との判決を出している。



またEUでは、食品ごとにアクリルアミドの「指標値」を設定。これを超える商品があった場合は調査するよう、加盟国に勧告を出した。



ポテトチップスの場合、その指標は075mg/kgだから、上の「カルビー」「湖池屋」の商品はそれを上回っているのである。


 

これらへの対策は、第一にこうした加工品を常習的に食べ過ぎないこと。



とりわけポテトチップスは、


「アクリルアミドに加え、糖質の過剰摂取や、変性した油など、健康を害する要素をたくさん持っている。



“避けるべき食べ物”と言っても差し支えない」


 

というように、気を付けたいお菓子です。











posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年08月22日

『鏡のウロコ』



お風呂場の鏡には白いウロコ汚れがついてしまうことが多く、



映りが悪くなるだけでなく



お風呂場の見栄えも悪くなってしまうため、



きちんと掃除したいと思うことありませんか



お風呂鏡のウロコ汚れの正体はカルキ成分です。



水道水の中には殺菌を目的としたカルキが含まれていて、



シャワーなどを使用した際に鏡についた水滴から水分だけが蒸発し、



カルキが残留してしまうことでウロコ汚れとなります。



そのままにしておくと

ほとんど見えないほどに汚れはひどくなるため、



正しい掃除方法できれいに保つ必要があるります。



ウロコ汚れを落とす方法は、



分解するか、削るか、あるいはその両方を行う必要があります。



小学生時代に理科の授業で体験したことがあるかもしれないが、



アルカリ性と酸性は混ざると中和して分解します。



ウロコ汚れはカルキであり

アルカリ性の性質を持つため、



酸性の性質を持つ洗剤が効果的です。



そこで手軽に中和させる性質を持つアイテムがクエン酸です。



クエン酸で汚れを落とせないほどになった汚れの場合は、



研磨クリーナーを使いお風呂鏡のウロコ汚れをきれいにしてみよう。



お風呂にある鏡の掃除に使えるアイテムが新聞紙です。



みかんの皮でお風呂鏡を磨くという掃除方法もあります。



普通に使っていてもお風呂の鏡にはどうしても汚れが溜まってしまう。



そのままにしていると蓄積される一方で、



いざ落とすとなったときに頑固な汚れになっていることも少なくないため、



まめに手入れを行いましょう。



その際、簡単に落とせるくらいの汚れであればクエン酸を活用し分解すればきれいにでます。













posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記