2019年08月03日

『蚊』



蚊が獲物を感知する目印は、



呼気に含まれる“二酸化炭素”



だと考えられています。



さらに近づいてから獲物を特定するのに



汗の臭いや体温を複合的に探知しているようです。



最近は、

足の裏の常在菌も話題になりました。



常在菌の多様性が高いほど、



蚊が寄って来やすいという研究結果が出ています。




この研究は、ある高校生が



「自分よりも妹のほうが蚊に刺されやすいのは何故か」



と疑問を持って調べた結果です。



おそらく、一番蚊を呼び寄せる物質が足の裏から出ているのでしょう。



ですから、足の裏をキレイにし、



除菌タイプの靴下を履けば、



蚊に刺される頻度は下がるようです。



ぜひ、試してみてください。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記