2019年08月10日

『車内・熱中症』



自動車安全のプロ、日本自動車連盟(JAF)さんが



2012年8月、車内温度の検証テストを実施しました。



暑さ対策を施さない車の場合、



車内温度は最高温度が57度、



ダッシュボードの最高温度はなんと79度に上昇しました。



日よけ対策などをしていても車内温度は45〜50度となり、



窓を開けていてもダッシュボードの温度は75度でした。



駐車中の車内の温度は人体には大敵ですね。



お盆休み、休憩などで高速道路のサービスエリア等を利用する方も多いかと思います。



車から離れる際に、窓を閉め切った状態でエンジン停止後、



車内の熱中症指数はわずか15分で人体にとって危険なレベルに達します。



車を日陰に駐車したとしても、



その車内温度の差はわずか約7度。



駐車場所に関わらず外気温が高い場合は注意が必要です。



『少しの時間だから』



『寝ているから』といって車内に子どもを残したまま車を離れることは、



熱中症を引き起こしかねません。



加齢に伴い高齢者は体温調節機能が低下するため注意が必要です。



ペットも同様です。



夏場の車内・熱中症に要注意です。












posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記