2019年08月22日

『鏡のウロコ』



お風呂場の鏡には白いウロコ汚れがついてしまうことが多く、



映りが悪くなるだけでなく



お風呂場の見栄えも悪くなってしまうため、



きちんと掃除したいと思うことありませんか



お風呂鏡のウロコ汚れの正体はカルキ成分です。



水道水の中には殺菌を目的としたカルキが含まれていて、



シャワーなどを使用した際に鏡についた水滴から水分だけが蒸発し、



カルキが残留してしまうことでウロコ汚れとなります。



そのままにしておくと

ほとんど見えないほどに汚れはひどくなるため、



正しい掃除方法できれいに保つ必要があるります。



ウロコ汚れを落とす方法は、



分解するか、削るか、あるいはその両方を行う必要があります。



小学生時代に理科の授業で体験したことがあるかもしれないが、



アルカリ性と酸性は混ざると中和して分解します。



ウロコ汚れはカルキであり

アルカリ性の性質を持つため、



酸性の性質を持つ洗剤が効果的です。



そこで手軽に中和させる性質を持つアイテムがクエン酸です。



クエン酸で汚れを落とせないほどになった汚れの場合は、



研磨クリーナーを使いお風呂鏡のウロコ汚れをきれいにしてみよう。



お風呂にある鏡の掃除に使えるアイテムが新聞紙です。



みかんの皮でお風呂鏡を磨くという掃除方法もあります。



普通に使っていてもお風呂の鏡にはどうしても汚れが溜まってしまう。



そのままにしていると蓄積される一方で、



いざ落とすとなったときに頑固な汚れになっていることも少なくないため、



まめに手入れを行いましょう。



その際、簡単に落とせるくらいの汚れであればクエン酸を活用し分解すればきれいにでます。













posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記