2019年09月06日

『浴槽入浴』




9月に入っても残暑厳しい日々が続いています。



「暑い日は浴槽に入らずにシャワーだけ」



という人も多いのではないのでしょうか。



でも、寒い冬だけでなく暑い日も、



「浴槽入浴」が断然おすすめなのです。



なぜ、暑い日でも浴槽入浴がおすすめなのか。



それは、夏バテの要因のひとつである



「自律神経の乱れ」を解消する効果が期待できるからです。


 

自律神経は、活動時に優位になる交感神経と、



安静時に優位になる副交感神経とからなり、



それらがバランスよく働くことで、



私たちの体は健康な状態を保つことができます。


 

ところが、このバランスはさまざまな要因で崩れてしまいます。



夏の場合は、冷房による室内と室外での寒暖差や、



夜になっても続く暑さ、強い紫外線などで、自律神経のバランスが乱れがちです。


 

その状態が続くと、疲労感やだるさ、



食欲不振、不眠といった夏バテの症状につながってしまうのです。


 

しかし、

湯ぶねにゆったりとつかる浴槽入浴を習慣にすることで、



こうした自律神経の乱れを整えることができます。



その結果、夏バテも解消できるのです。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記