2019年11月30日

『皮膚』




東洋医学では、鍼灸の施術をするとき、始めに患者の肘から手首までの皮膚に触れ、



身体の状態を確認します(尺膚診・しゃくふしん)。



自分で「尺膚診」をして、体調を確認してみましょう。



「尺膚診」では、皮膚の様子、筋の張り具合、筋肉の充実度などを見るそうです。




皮膚は、外界から身体を保護し、体温調節や皮膚呼吸などさまざまな役割を担っており、いろいろな内臓と関連しあっています。



そのため皮膚が健康であるということは健康のバロメーターにもなるそうです。



皮膚にどんな特徴があるとよくないのでしょうか。




ゴワゴワ・ゴツゴツ厚い肌


皮膚が厚くて、固い、ゴワゴワしている、といった特徴がある人は冷え性タイプです。



体が冷えているため、熱を体外に逃さないように皮膚が厚くなっているのです。


 

一般的に冬は皮膚が多少厚くなる傾向がありますが、あまりにゴワゴワしている、暖かい時期も皮膚が固い、という人は注意が必要です。



温かいものを摂ったり腹巻きをするなど、冷えに気を付けましょう。



また、甘いものの摂り過ぎも冷えを招くので、注意しましょう。





カサカサ肌


この季節に多いカサカサ肌の人は、血液をふくめて体内の水分が不足しているタイプです。



皮膚表面の血流が少なく、皮脂などの分泌も減って、潤いが失われている状態です。



また、血液が少ないと末梢まで身体を温めることができないので、冷え性も招きがちです。


 

鉄分の多い食事をして血液を増やし、鶏皮などコラーゲンの多い食物を摂るのがおすすめです。




カサカサ肌+皺が寄る

 

カサカサ肌がさらに進んむと皺が寄りやすくなります。



このタイプは、体内の水分不足に加えて皮膚表面を覆っている『気』が少なくなって皮膚の表面を守ることができなくなっている状態です。



『気』は、生命力ともいえ、これが減っているということは、気力が目減りしていると考えられます。


 

強いストレスに長期間さらされたり寝不足が続くと、『気』が不足します。



睡眠をしっかりとることはもちろん、山芋・豚肉など滋養のあるものを摂る、体を冷やさないようにする、おへその下に使い捨てカイロなどを当てて温めるなどの対策を講じるといいでしょう。




ボツボツ肌

 

ニキビではないけれど、小さなボツボツが出るのは、新陳代謝が悪くなっているタイプ。



肝臓や胃腸などが疲れていて、飲食物が十分に消化・吸収されず、栄養として変換できていない状態です。


 

自分の消化力をオーバーした飲み過ぎ食べ過ぎ、睡眠不足などが原因です。



ボツボツ肌があって、寝ても疲れが取れないなどの自覚症状があるときは注意してください。


 

食事が炭水化物に偏っている可能性があります。



ミネラル不足、ビタミン不足でもあるので、食事は色の濃い緑黄色野菜を食べてください。



また、お肉やお魚などのたんぱく質もしっかり摂りましょう。



仕事量と休息のバランスが悪くなっている人は意識して休息をしっかり取るようにしてください。


877AF2BA-FB26-4E32-9749-5CF643807B25.jpeg








posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年11月29日

『白菜』





旬の野菜「白菜」



甘味があり、くせのない淡泊な味は他の材料と調和がよく、調理法も選びません。



その栄養は約95%が水分と決して栄養価が高いわけではありませんが、



ビタミンC以外に鉄・マグネシウム(カルシウムの吸収に必要な成分です)・カリウム(塩分を体外に排出する働きをします)を含んでいます。



とくに注目すべきはそのエネルギー量で、甘みの少ない分100gあたり



14kcalと極めて低カロリーです。



たくさんのおいしい食べ物に囲まれてついつい食べ過ぎてしまう今、



肥満防止にもってこいの健康野菜と言えるでしょう。




味の濃い食事で塩分を摂り過ぎると高血圧を引き起こしやすくなります。



白菜にたっぷり含まれるカリウムはこの塩分を体外に排出する働きがあるので、



高血圧症の方にはどんどん食べて頂きたい野菜です。



カリウムは煮ると水に溶け出すため、スープごと飲むようにして下さい。



ただし味付けを濃くしては意味がないので、肉や魚の旨みを吸収する白菜の性質を活かして薄味で食べましょう!




最近、白菜の黒い斑点が話題になっています。


『汚れとかカビとかじゃなく実は「ポリフェノール」が表面化したもの。』


ツイートで話題に



黒い斑点は白菜の細胞内では窒素過多になると、細胞内外の窒素濃度の差を減らすため水分を吸収しようとし、やがて細胞の膨張を引き起こす。



それにより細胞にストレスがかかると、ブドウや紅茶にも含まれるポリフェノール類の色素の合成が進み、



白菜の表面に黒い点が現れるとのことです。












posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年11月28日

『骨粗しょう』




月経が不順だったり早く終わったりした人、



痩せている人、



若い頃にダイエットをしていた人。



これらに当てはまる人は、骨粗しょう症のリスクが高くなるといわれています。



痩せれば痩せるほど骨にかかる力が低くなる骨の頑張りが減る骨密度が低くなる、



というメカニズムもわかっているそうです。



特に若い頃にダイエットをしていた人は、



カルシウムをはじめ、十分な栄養素がとれていない可能性があるため、やはりリスクが高くなるそうです。



さらに閉経以降、女性の骨密度はじわじわと低下していくようです。



女性ホルモンの低下に加齢が加わることで、骨折のリスクは高くなります。



骨粗しょう症には、遺伝性のケースがしばしば見られるそうです。



母親が骨粗しょう症になって骨折した、という人は、



自分にも同じような可能性があると考えたほうがいいでしょう。



医師に相談して何らかの対策をとるなど、早めのケアをすることが大切です。
















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年11月27日

『魚肉ソーセージ』




魚肉ソーセージの栄養価



健康食品としても注目されている魚肉ソーセージですが、その栄養価は。



代表的な魚肉ソーセージの栄養価(100gあたり)



エネルギー 125kcal


たんぱく質 7.0g


脂質 6.2g


炭水化物 10.2g


ナトリウム 560mg


カルシウム 440mg


もちろん製造元によって栄養価は若干変わってきますが、



代表的な魚肉ソーセージの栄養価はこのようになっています。



この数値から高たんぱくで、カルシウムなどの栄養価も高いことがうかがえます。



たんぱく質は、筋肉や骨、血液などの材料となる栄養素。



丈夫な体をつくるためには欠かせないものになっています。



骨や歯などを形成するのに欠かせないカルシウムは、



牛乳が110mgに対して魚肉ソーセージは440mgとかなりのカルシウムを摂ることができることがわかっています。



健康によいことで注目されている魚肉ソーセージですが、



加工食品となると、気になってくるのが使用されている添加物です。



ソーセージに使われる添加物として有名なのがリン酸ナトリウム。



主にソーセージのタネに結着力を出すのに使用されています。



この成分は安全性の高い添加物であることはわかっているが過剰摂取には注意したいですね。



さらには、ソーセージの見た目を良くするのに使われる「赤色〇号」と呼ばれる着色料。



こちらの着色料に関しては発がん性が指摘されています。



このように決して体に良いとは言えない添加物が使われることも多い魚肉ソーセージだですが、



最近は健康重視の商品が増えています。



保存料を使用せず、トマトやくちなしの植物系自然色素を用いて着色し、



発色剤を使用していない魚肉ソーセージも多くなっています。



各製造元のホームページなどで原材料や添加物を確認してから選ぶとよいでしょう。



魚肉ソーセージは高たんぱくで低カロリー、



さらにはカルシウムなどの栄養素も豊富で丈夫で健康な身体を作るのには最適な食品のひとつだと言えます。



ただし、その糖質量や塩分量から、向き不向きもある食品のため、



自分の身体、目的に合わせて摂るということも大切です。














posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年11月26日

『透明マント』




ロイター通信によると



『カナダのハイパーステルス社が開発したこの素材、物体の周りで光を屈折させ、背景だけが見えるようにする。



電源不要、どのような環境でも機能し、人、建物、車、航空機を隠すことができる。




13種類のバージョンがあり、

あらゆる方向に影を移動させたり、熱、紫外線、赤外線のスペクトルを曲げたりと、さまざまな機能がある。



つまり、人が複数のレーダーの下を飛ぶことができる。




同社は、この「量子ステルス」の素材が、軍事作戦から、



スピード違反取り締まりをする警官、空調装置などを人の目から隠す、さまざまな用途に使われることを期待している。』




本や映画の中であった

「透明マント」が現実社会で作られる時代が…



技術の進化は素晴らしいものがある反面、恐ろしさもありますね。『量子ステルス』











posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記