2018年05月03日

<redbook>からご紹介



アンチエイジング食品


ブルーベリー


4967F14D-1D48-4CC9-91FA-C531E7049B6F.jpeg

抗酸化物質が豊富に含まれています。


抗酸化物質は、日焼けによってできる


肌に有害なフリーラジカルやストレス、


公害などから私たちを守ってくれますし、


ビタミンCの作用で日焼けによるシワも防いでくれます。




ヨーグルト



94E12254-44AE-4BB5-A9CB-B081AC829BA4.jpeg

ヨーグルトは細胞を若く保つ作用に優れています。


カルシウムの宝庫であるヨーグルトは、


寝る前に食べると効果があります。


肌細胞が入れ替わるスピードは速いので、


(健康的な)睡眠によってお肌が回復する時間を与えてあげましょう。


ただし、ヨーグルトは無糖で、

フルーツやハチミツなどを加えるのがポイント。




緑茶



C1C0D1CD-41BA-429D-96C9-812714DBEFFF.jpeg

緑茶にはフラボノイドと呼ばれる抗酸化物質が詰まっているため、



病気を予防し、タバコや

他の有害な化学物質によるダメージから


DNAを守り、老化を防ぎます。



緑茶はテアニンと呼ばれるアミノ酸が豊富で、



気分を落ち着かせ、

集中力を高め、

ストレスを軽減してくれます。




調理されたトマト



3844E396-5DF6-49B5-8C45-CAA9B0674F3E.jpeg

調理されたトマトは

抗酸化物質であるリコピンが豊富で、



お肌をダメージから守ってくれます


生トマトにもリコピンは含まれますが、


調理することで体が吸収しやすくなるんです。



豆類



16F66BA8-F96F-4CCA-A178-861FB6554460.jpeg

豆類は植物性のアミノ酸が豊富なスーパーフードで、


体が必要とするタンパク質をすべて満たしてくれます。



女性は年をとるとタンパク質の必要量がわずかに増えます。


その点、豆類には病気と闘う繊維や


ファイトケミカル(植物化学物質)も含まれているので、


またとないタンパク源と言えます。



0宣言の家に住みながら



アンチエイジングに効果的な食材を取ると


若返りが期待できそうですね。







posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: