2018年06月09日

蚊連草



F5C9AB16-6686-4AAA-B5B8-472A7EFD30C1.jpeg


ゼラニウムとシトロネラを交配してつくったハーブの一種と言われています。



ゼラニウムやシトロネラは



もともと蚊を寄せつけにくいと言われ、



シトロネラールという香りが含まれており、



その2種のハーブを交配してつくられた



蚊連草(蚊嫌草)はハーブの中でも



よりシトロネラールという香りが強く、



蚊を寄せつけにくいそうです。



7C3195EB-B1FB-4C53-B183-7DDCA0FD61D9.jpeg

蚊は、体温が高い人や汗の乳酸、



呼吸に含まれる二酸化炭素に反応し寄ってくると言われています。



蚊連草(蚊嫌草)は、



蚊が苦手な香りを発するだけでなく、



蚊の二酸化炭素の匂いの感覚を麻痺させるそうです。



蚊連草(蚊嫌草)は新芽からより強い香りがします。

 


センテッドゼラニウムを蚊連草(蚊嫌草)として出回っていることもあります。



また、センテッドゼラニウムやローズゼラニウムの近種とも言われているそう。



100%蚊を撃退できませんが、



ゼラニウムより、



葉を少しこすっただけで香りが強いたけでなく、



爽やかな香りを楽しめます。



試してみてはいかがでしょうか。





posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: