2018年07月30日

「ヘルパンギーナ」



聞きなれない言葉ですが



ヘルパンギーナとは、



主に子供のかかる夏風邪の一種。



今月に入り、静岡県など複数の地域で患者が急増し、



流行警報が出されています。



大人も注意する必要があるこの病気です。



ヘルパンギーナとは



「夏に流行する感染症なんですけど、



突然39〜40くらいの高熱が出て、



口の中にたくさん水ほうができて、



痛くて食べられない、



そういう状態が続く感染症」



症状は2〜3日ほど続き、



重症化すると無菌性髄膜炎や



脳炎を合併することもあるそうです。



ヘルパンギーナの主な原因は、エンテロウイルス。



高温多湿な時期に増加し、



ピークとなる7〜8月に飛まつ感染や

空気感染などで広がります。



さらに今年は、連日の猛暑で、



ウイルスの増殖が懸念されているんです。



発症する人の多くは、5歳以下の子供なんですが、



大人でも免疫力が落ちていると発熱もします。


ヘルパンギーナの予防接種や治療薬はないため、



日頃のうがいや手洗いが重要です。



喉に強い痛みがでるため、



刺激を与えるかんきつ類や



しょうゆなどの濃い味つけの料理を避け、



冷たいスープやうどん、



ゼリーなど、

のどごしのよい食事が食べやすいんだそうです。



また、エンテロウイルスは熱に弱いため、



70〜80程度の熱湯につけたり、



着ていた衣類は、



塩素系の洗剤で洗うことで、



家族への感染を防げるんだそうです。



小さな子どもが感染した場合、



治療しても

2週間ほどはウイルスが便に残っている可能性もあるので、



おむつ替えをした後はきちんと手を洗う必要があるとのことです。









posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: