2018年07月31日

「スーパーマーズ」




2EC9ACC6-EB82-437E-B4FD-F678975CCBC3.jpeg


15年ぶりに火星が地球に大接近する



「スーパーマーズ」。



最も接近するのが31日夜。



空を見上げるのが楽しみになるかもしれない。



15年ぶりに火星が地球に大接近する



「スーパーマーズ」。



31日、最も地球に近づきます。



火星は、太陽の周りをおよそ110カ月で回っています。



一方、地球は1年で1周するため、



22カ月に一度、地球が火星を追い越す。



この時、地球と火星が並んで近くなる。



中でも今回、



15年に一度の公転軌道の近い場所での大接近が起きている。



火星の明るさは、



3月ごろのおよそ20倍の明るさで見え、



肉眼でも観察できます。



望遠鏡を使用すれば、



「極冠」



と呼ばれる白い斑紋や、



「大シルチス」



という、



火星表面の黒っぽい模様まで観察できる可能性があるといいます。



31日夜、最も接近する火星。



見られる条件は、南が開けている場所で、



晴れていれば、どこでも見ることができ、



午後11時半ごろが最も見やすい時間帯だという。



特に本州は、広い範囲で見られる可能性が高いようです。



15年に一度の貴重な夜。



空を見上げてみるのもいいかもしれない。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: