2018年09月30日

「強い心臓」




「強い心臓」を作ると



突然死を回避するそうです。



強い心臓を作る鍵は



食生活!



日本では毎年約10万人もの人が



心臓性の突然死に見舞われているという。



いつ襲ってくるか分からない心臓発作に対策などないと思われがちだが、



実は「食生活」で予防できるという。



突然死を遠ざける「食べ物」とは。



150ミリリットルのオリーブオイル】



AB6BF12D-EFD2-4C2D-B493-D8E12AB904F7.jpeg

「スペインの調査で、



エクストラバージンオリーブオイルを



150ミリリットル以上摂取している人は、



全く摂取しない人に比べ、



心房細動の発症リスクが



4割低かったという研究結果があります。



オリーブオイルに含まれる



オレイン酸やポリフェノールには



動脈硬化の予防作用があり、



これが心疾患のリスクを抑えていると考えられています」



ほうれん草、バナナ、アボカドなどに多く含まれる



「カリウム」にも、



心臓にかかる負荷をやわらげる効能があるそうです。



英・イングランド公衆衛生局は、



心臓発作などのリスクを下げ、



心臓の健康状態を保つために



「魚」と「食物繊維」の摂取を呼びかけています。



とくに『青魚』の脂に含まれる


オメガ3系脂肪酸の一種、



DHA(ドコサヘキサエン酸)




EPA(エイコサペンタエン酸)



には血栓予防や血圧低下など、



心臓機能の保護作用があります。



心臓手術を行なった患者が、


術後にDHAEPAを摂ったところ、


心房細動の発症を抑制したというデータも存在します。



さらに、DHAEPAと『食物繊維』には、



動脈硬化の原因となる



悪玉コレステロール値を下げる効果もあり、



まさに“心臓の味方”ともいえる食材です。



「強い心臓」



をつくる食生活で、



突然やってくる悲劇から逃れる可能性は高まります。













posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: