2018年10月01日

「シークワーサー」



A7331E42-0664-4114-BE38-E60D702FB350.jpeg


琉球諸島及び台湾に自生する。

高さは5メートルほど。

花期は4月ころで直径3センチメートルほどの白い花を咲かせます。

結果は7月頃から。

通常は、果皮が緑色の時期に青切りで収穫されます。


 果実は皮が薄く25 - 60グラムほどで、

温州みかんを小型にしたような姿をしています。


未熟果は酸味が強いが、


完熟するとオレンジ色に色づき甘くなります。

シークヮーサーには複数の品種があり


日本では沖縄県が特産でよく栽培されています。



沖縄県ではレモンの代わりに果汁を飲み物や料理、



醤油に加えるなどして使用しています。


しぼり汁を泡盛に加えて楽しむこともあります。


シークヮーサーに多く含まれるフラボノイドの一種



ノビレチンには癌抑制効果があるとされており



健康食品、として加工され流通している。 




缶入りや瓶入りの果汁、


シークヮーサーソーダや


シークヮーサー果汁入りの缶チューハイ


なども販売されています。




食用以外では、


芭蕉布を織り上げた際に、


そのままでは固い布を


未熟なシークヮーサーの果汁で洗浄し、


余剰の有機物を酸で溶かして


柔らかくする用途に利用されていました。




シークワーサーなど柑橘類に含まれる



フラボノイドの一種『ノビレチン』に、




血清尿酸値を下げる効果があることは


数年前から動物実験でわかっていたのですが、



今回、初めてヒト(成人男性)

にも効果があると確認されました。



血清100ミリリットルあたりの尿酸の量が7ミリグラム以上だと、


正常域を超えることになります。


今回、沖縄ハム総合食品が行った研究では、


この数値に近い血清尿酸値をもつ


2065歳の成人男性10人に、


3040個分の

『シークワーサーの果汁』

を凝縮した飲料100ミリリットルを毎日飲んでもらった。


すると、

その平均値が4週間目で4%減、


8週間目で7%減となり、


正常範囲内まで低下するという結果が出た。


濃縮ジュース1杯で効果が望めるとは、


シークワーサー、スゴい!


これはノビレチンがキサンチンオキシダーゼの活性を抑えて、


尿酸の産生量を低下させたことによると考えられます。


血清尿酸値が高い人に処方される薬には


尿酸の排せつを促す働きをするものと、


尿酸の産生を抑える働きのあるものの2タイプがあります。


これらの薬には腎不全や再生不良性貧血、


肝障害、過敏性血管炎などさまざまな副作用がある。


なかには重篤な症状が出る場合もあるのです。


その点、食品で血清尿酸値を下げることができれば、


副作用のリスクを伴わずにすむのです。


一般的に男性のほうが女性よりも


血清尿酸値が高い人が多いため、


今回の臨床研究は成人男性で行われたが、


女性にも同じ効果が見られるはずです。




ノビレチンに血清尿酸値を


抑える働きがあることがわかると、


薬に頼らずともシークワーサーなどの柑橘類を取ることで



血清尿酸値をコントロールすることが可能になる人が増えるかもしれません。


尿酸値の数値に悩む人にはうれしい話。


とはいえ、日々のプリン体の取りすぎにはご注意を!











posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: