2018年10月02日

『漢方薬』



超高齢社会を迎え、



日本で独自の進化を遂げた


漢方医療が存在感を高めているそうです。


認知症や


歯科・口腔(こうくう)内疾患の治療に取り入れられ、


老年症候群の治療でも研究が進められています。


安価で比較的副作用が少ないとされ、


西洋医学が不得意な部分を補うとともに、


多くの疾患を抱える高齢者の健康を包括的に支え、


伸びが著しい医療費の節減にもつながると期待されています。


西洋医学と東洋医学


これからは、統合医療が増えていきそうです。









posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: