2018年10月14日

『1日30分のウォーキング』



ウォーキングには、


医者のお世話になる確率を減らしてくれるような


健康的メリットがあります。


体重を減らすのに役立ったり、


血圧を下げたり、


多くの慢性疾患のリスクを減らすことができます。


1週間のほとんど毎日30分間歩くだけで


こんな効果が感じられるはずです。



気分がよくなる


研究によると、


定期的にウォーキングすることで、


神経を調整して怒りや悪意を感じにくくしてくれるそうです。



クリエイティブ能力がアップする


仕事で行きづまっていたり、


なにかむずかしい問題の解決策を探していたりするときに、


体を動かすことは効果があるということが研究でも分かっています。



ジーンズがゆるくなる


これは、定期的に歩くことで


体のインシュリンの反応を改善することができて、


お腹周りの脂肪を減らしてくれるからだそうです。



慢性病のリスクが下がる


これは、数値を見れば結果が明らかです。


米国糖尿病教会によると、ウォーキングは血糖値を下げてくれ、


糖尿病の全般のリスクを減らしてくれるそうです。




脚がすっきりする


年をとると、静脈瘤のリスクが高まりますが、


ウォーキングはこの血管が浮き出るのを防ぐ効果的な方法であると証明されています。


「静脈は『第二の心臓』と呼ばれる、


血液を循環させる仕組みによって支えられています。


これは、筋肉、血管や脚やふくらはぎにある弁で構成されています。


この弁が血液を心臓や肺へ送り返すはたらきをしているのです。



トイレに悩まなくなる


実は、定期的に歩くことは胃の動きを大幅に改善してくれるそうです。



他の目標が達成可能に思える


定期的に歩くようになると、よい習慣を身につけたことになります。


そして習慣になるとそれを続けやすくなり、


さらにあたらしいまた別の健康によい行動をはじめやすくなるそうです。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: