2018年10月29日

『老けのスピードと食事』C




糖化と酸化を予防をする事で

老けのスピードが遅くなります。



ビタミンCは抗酸化、抗AGE作用の両方を持ち、



老けないために欠かせない成分。



体内にストックできないので、



毎食後に果物を60gずつ摂る形で補給するのが効果的です。



野菜の中では『ブロッコリー』や『キャベツ』、



『菜の花』のようなアブラナ科がビタミンCが豊富。



細胞を元気にします。



見た目を老けさせないためには、



ビタミンACEとポリフェノールを摂ることが鍵になりますが、



果物はそれらを満たしていることが多い。



さらに旬のものは栄養素の効能が強く、



柿やみかんのオレンジ色のもとになるβカロテンに強力な抗酸化作用があります。



野菜に果物を規則正しくとることがおススメです。











posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: