2018年10月31日

『老けのスピードと食事』E




若々しい体を保つためには、



日々生まれ変わる髪や肌、筋肉や血液を作る「新陳代謝」や、



体内の脂肪を燃やす「エネルギー代謝」を高めることも必要です。



豚肉は炭水化物の代謝に欠かせないビタミンB1の宝庫です。



ビタミンB1が不足すると糖質が消費できず、



体脂肪の増加につながります。



肌の潤いが減って乾いた雰囲気になるのは、



筋肉の減少が大きな原因。



見た目の若々しさは、



水分保持の働きがある筋肉量によって左右されます。



ウォーキングなどの運動をしてから1時間以内に、



市販の『サラダチキン』

(蒸し鶏を密封パックにしたもの)を摂ると、



筋肉合成につながります。



鶏肉は悪玉コレステロールを減らし、



血液をサラサラにしてくれる不飽和脂肪酸を豊富に含む点がほかの肉と異なります。



食べ過ぎて体に毒、太る、ということもない。


 

ちなみに肥満と老化には深い関係がある。



糖質の摂りすぎから、



太る糖化によるAGE発生老化、



という負のスパイラルに陥りやすいのです。



食事では、自分が太らない程度の糖質量に留めることが肝要です。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: