2018年12月04日

『寒くても要注意 』



年末年始は忘年会や新年会、初売り、初詣など、



何かと人ごみの中に出かける機会が多くなりますね。



そうなると怖いものとして真っ先に浮かぶのがインフルエンザ。



でも意外ですが、食中毒も12月が最も多く、



次いで1月と続きます。



特に感染力の強さで知られるノロウィルスは流行のピークとなります。


86B47708-0CB0-4AA2-A3A2-DF0BDAF66EE5.jpeg

厚生労働省の2016年食中毒統計資料の月別発生数を見ると、


112月、


21月、


33月と、



なんと寒い時季がベスト3を占めています。



暑い季節には誰もが注意する食中毒ですが、



実際には約5割が冬季に発生していることになります。



BF5A8D39-44A7-4142-BC81-778004D9778E.jpeg

食中毒を防ぐには、まず手洗いから。



調理前や食事前、用便後などは必ず石けんと流水で手を洗いましょう。



食品の管理も大切です。



カキやアサリなどの二枚貝には、



ノロウイルスが潜んでいることがあるので、



中心部までしっかり加熱しましょう(中心部8590℃90秒以上)。



魚介類を扱った調理器具はほかの調理をする前に洗い、



消毒することも忘れずに。


 

また、嘔吐物や糞便などの汚物を処理するときには、



使い捨ての手袋やマスク、エプロンなどを着用し、



塩素系の漂白剤(次亜塩素ナトリウム)で消毒、処理を行いましょう。



もちろん、その後の手洗いも忘れないようにしましょう。






posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: