2019年01月08日

『暖かい寝床』



ウエザーニュースに



あったかい毛布の使い方という記事が



寒い冬を暖かく過ごすコツの一つに



カギは「毛布の順番」。



毛布をどの順番にかけるかによって、



暖かさの度合いが変わってきます。


3C8BE600-CC7B-43FC-B15E-F4210BE8AFD0.jpeg

もっとも暖かい効果が得られにくいのは、



体の上に直接毛布をかけてしまうパターン。 



暖かい状態をつくるには、



「羽毛布団を直接体に触れさせる」



ことが不可欠です。



羽毛は体温を感知して膨らみ、



保温性を高める性質があります。



羽毛布団と体の間に毛布があると、



この効果を遮断してしまうのです。



そこで、体の上に羽毛布団、



その上に毛布、



という順番にしましょう。


 

さらに暖かさをパワーアップさせたいときは、



毛布を体の下に敷くのがおすすめ。



寝ている間に体から放出される熱を下から受け止めてくれるので、



保温効果バッチリです。


 

それでもまだ寒い場合は、



掛布団の上にもう1枚、



毛布(なければ薄手の布団)をかけましょう。



こうして「フタ」をすれば、



上方向への放熱も防ぐことができます。


 

寝床が寒いとなかなか安眠できません。



体感に合わせて毛布の順番を変えながら、



寒い夜でもぐっすり眠りましょう。



ウェザーニュースより












posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: