2019年06月30日

『世界最高』



時事通信によると


英フューチャーブランド社が25日発表した



国・地域の評判を基準とした



「フューチャーブランド・カントリー指数」



のランキングで、



日本が1位となったようです。



製品・サービスの信頼性のほか、健康的な食事や自然の美しさ、独特な文化などが世界で高い評価を得たみたいです。


 


同社は「国・地域の力を測定するのに、国内総生産(GDP)や人口規模、

核兵器の数に意味はあるだろうか」と指摘。



その上で、日本に関して、高い技術やイノベーションを背景とした



製品・サービスよりも、西洋とは異なる無駄を省いたシンプルさなどを体現した独特な文化こそが



「日本の最も偉大な輸出品」だと述べたようです。


 

日本は5年前の前回調査でも1位だった。



2位はノルウェー(前回6位)。



3位スイス(同2位)、



4位スウェーデン(同4位)、



5位フィンランド(同13位)



上位の国々は総じて、生活の質や環境へのやさしさなどが高く評価されました。


 

米国は五つ順位を落とし、12位に転落。


トランプ大統領の言動が影響したとみられるという。



欧州連合(EU)離脱で混迷する英国も七つ順位を落とし、19位となり



近隣諸国では、

韓国が20位(同20位)、

中国は29位(同28位)です。


 

調査はGDPの上位75カ国・地域が対象。


今年12月、世界各地で過去1年で少なくとも1度は海外旅行した計2500人にオンラインでインタビューを実施され。



さらに、交流サイト(SNS)での各国・地域に関する投稿を多数の言語で分析し、22項目で採点したようです。 












posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: