2019年07月17日

『カビ毒一覧』



週刊FLASHより



昨日の『カビ毒』の続きです。





【人体に影響があるカビ毒一覧】


《麹カビ(アスペルギルス属)》



 最も一般的なカビのグループ。



穀類などの食品、埃、畳、カーペット、家具類などに分布。



空調設備にも発生し、肺炎の原因になることもあるので、こまめな清掃が大事になる。



一般的な感染経路は、呼吸器系。肺に付着すると喘息を引き起こす。





アフラトキシン:

 発ガン性があり、肝ガンを引き起こす。


白血球の増殖を抑制する




オクラトキシンA

 水回りで暴露する。



腎臓病や有害な神経学的影響を引き起こす可能性あり。



複数の脳領域に重大な酸化的損傷を引き起こす可能性がある




《青カビ(ペニシリウム属)》


 食品、壁紙、カーペットなど、屋内で繁殖。



アレルギー反応を引き起こす。



低湿度で繁栄。腎臓にダメージを与え、発ガン性もある。




ステリグマトシスチン:

 発ガン性あり。



コーン、パン、チーズ、スパイス、コーヒー豆などに発生





ミコフェノール酸:

 リンパ球の増殖を阻害。



女性が妊娠中に暴露した場合、流産および先天異常を引き起こすことも




《緑がかった黒カビ(スタキボトリス属》



 石膏ボード、紙、ファイバーボード、および天井タイルなど、



セルロース含有量が多く、窒素含有量が少ない材料で成長する。



免疫を抑制するカビ毒を生み出す。



水回りのカビは手の傷口からも侵入するので、掃除の際は必ず手袋とマスクを着用すること。




ロリジンE

 水害にあった建物、汚染された穀物で見られる。



たんぱく質の生合成を阻害





ベルカリンA

 腸粘膜、骨髄に影響。



嘔吐、皮膚炎、および出血性病変を引き起こす可能性がある




《赤カビ(フザリウム属)》


 麦をはじめ、多数の植物に寄生。



温暖な気候と、低い湿度で成長。腹痛、倦怠感、下痢、嘔吐を引き起こし、死亡することも。





エニアチンB

 抗生物質の性質を持つ。



慢性的に暴露すると、体重減少、疲労、および肝疾患を引き起こす可能性がある




ゼアラレノン:

 生殖系の変化を引き起こすことがある。



胸腺萎縮や、リンパ球免疫反応の障害を引き起こし、病気にかかりやすくなる。


以上のように『カビ』にも多数の種類があり



それぞれが及ぼす影響も違います。



カビ対策を、しっかりしましょう。












posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年07月16日

『カビ毒』




週刊FLASHの記事に



ガンにアルツハイマーあなたも「カビ毒」に汚染されている


と記事が…0宣言の家は、カビの発生を抑制する力がありますが



カビ毒には要注意です。


記事を紹介します。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


7月は蒸し暑さも最高潮。人間には耐え難くても、カビにとっては最高の季節だ。


湿度70%超、気温10°C30°Cで、栄養源と水分があればカビはどんどん成長し、


1週間で無数の胞子を作り、周囲にまき散らして増殖する。


 

カビの胞子を吸い込むと、アレルギー性の肺炎を引き起こすことは知られていたが、


近年の研究で、アルツハイマー型認知症の発病にも影響することがわかってきた。



「アルツハイマー型認知症の原因のひとつとして、


ここ12年でカビ毒が注目されるようになってきました。


カビ毒は、カビが作り出し、人や動物に有害な作用を及ぼす化学物質の総称です」



A45BAB4B-B1D5-40A5-9DCF-551A151E9CBE.jpeg

そう語るのは「45歳からの認知症予防」を掲げる、東京・四谷にあるブレインケアクリニックの今野裕之名誉院長(44)だ。


アルツハイマー型認知症の原因は、「脳に『アミロイドβ』と呼ばれるたんぱく質が蓄積されること」だとされてきた。



「ところがアミロイドβは、神経細胞を壊す悪者ではなく、じつは炎症や毒物から、脳を守る働きもあることがわかってきたのです。


 

たとえば、黒カビの毒素である『オクラトキシンA』は活性酵素を増やして神経を傷つけますが、


この作用が炎症の発生を通じてアミロイドβの蓄積を促し、アルツハイマー病を発症するリスクを高める可能性があります」(今野氏、以下同)


 

オクラトキシンAを持つ黒麹カビは、家の水回りだけでなく、食物にも発生する。


通常の調理温度(100°C210°C)では完全に分解できないため、


食物の目に見えない部分に生えたカビを知らずに食べているかもしれないのだ。



「若いうちは、免疫力が強いので問題ないのですが、40代を過ぎるとカビ毒の影響は大きくなります。


 

体がカビ毒にどれくらい汚染されると害が発生するか、具体的な数値はまだ研究中ですが、


『カビ毒にどれだけ体が侵されているか』、また『そのカビ毒をどこから摂取したのか』を検査することは有益です」


 

ブレインケアクリニックでは、51840円(税込み)で、体がカビ毒にどのくらい汚染されているかを知ることができる。


検査方法は朝いちばんの尿の検体をアメリカの検査機関に送るだけ。


結果が出るまで数週間かかる。


 

そこで今回は、実際の検査結果を見せてもらった(冒頭の図)。


検査を受けたのは、「家も清潔、食生活にも気をつけている」という40代の男性。


カビとは縁遠い暮らしのはずだが、体内はオクラトキシンAというカビ毒に汚染されていた。



「原因は、古い豆のコーヒーを飲んでいたことが理由だと思われます。


カビ毒が体内に取り込まれてしまったら、適切な方法で緩和するか、排出することが必要です。


 

オクラトキシンAは活性酸素の発生を増やすため、抗酸化作用を持つビタミンや

N-アセチルシステイン』などの栄養素を摂り、


毒性を緩和する必要があります。また、汗をかくことでも排出を促進できます」


 

食べ物に発生するカビ毒は、一度発生するとどんなに熱を加えてもなくならないので、すぐに捨てるべし。


 

また、カビ毒は、土や植物、埃、空調設備などにもごく普通に存在する。


エアコンを使用する季節になったら、業者に掃除をしてもらうなどの対策も必要だ。



「カビ毒に由来するアルツハイマー型認知症は、


高齢になって発見される20年〜30年前から発症が始まっています。


 

40代から早めにカビの発生源に対処することで、発症のリスクは下げることができます。


また、カビ毒を除去することで病気の進行を止めるだけでなく、改善するケースも出てきています」


 

5万円は安くない。が、自分のカビ毒汚染を数字で見ることができて、


対策をすることができるならアリだ。


次のページでは、人体に影響のあるカビ毒をまとめて紹介する。


この続きは明日のblogで…











posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年07月15日

『鍼灸』




鍼灸が

医療・美容・スポーツなど多くの場面で取り入れられていることをご存じでしょうか?



例えば、イギリス・ドイツ・イタリアなどでも健康保険制度に鍼灸が採用されているなど、



欧米では鍼灸治療がより日常的にたくさんの人に用いられています。



また、日本でも、東大病院のリハビリテーション部に鍼灸部門があったり、



スポーツの世界大会でも心身のケアとして取り入れられます。



その他にも、がん治療の現場、スポーツ、美容の世界など



鍼灸が活用されている分野は今もどんどん広がっています。



なぜこのように幅広く受け入れられているかというと、



これまでの鍼灸は、鍼とお灸によって、



どのように症状が緩和するか理論立てて説明することが難しいものでしたが、



科学の発展と共に近年、

そのメカニズムが国内外で明らかになってきたからです。



脈々と受け継がれてきた東洋医学の考え方や治療方法と共に、



解明されてきた鍼灸の科学的なメカニズムや、それによって広がる鍼灸のリアルな現状があります。



鍼灸の新たな魅力に出会えること間違いなしです。











posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年07月14日

『5大ストレス』




オーストラリア版ウィメンズヘルスが、5種類あるストレスの全容を明らかにしました。



ストレスが健康にさまざまな影響を与えることは、大抵の人が知っています



でも、“現代におけるストレス”とは、実際何を指すのだろう?



今日では、免疫システムを弱め、慢性的な炎症を悪化させるものなら何でも“ストレス”と解釈できます。



このストレスは、単独ではなく相互に作用しながら私たちの健康を脅かします。



情動ストレス


世の中を変えるのは難しいかもしれないけれど、



世の中に対する見方を変えることは間違いなく可能。



私たちは“アテンション・エコノミー”(情報量が多いため消費者の注意を引いた商品こそが売れる経済)の中にいるため、



自分自身の“注意力”をどこに向けるかが非常に重要。



人との関係を育み、日々感謝の気持ちを示すことに集中すれば、大きなプラスの効果が得られます。




環境ストレス


私たちの体は、食品、衣類、家具、セルフケア商品に含まれる何万もの化学物質にさらされています。



これまでに検査された化学物質の数は驚くほど少なく、



化学物質が組み合わされた場合の実験はさらに少ない。



でも、私たちが日常的に遭遇するのは、まさにこの複合的化学物質。



十分な知識を身に付けた上で賢い選択(電子機器の使用を控えるなど)をすれば、環境ストレス要因が8090%削減されます。




栄養ストレス


食べ物には、病気を引き起こす力も治す力もあるけれど、脂質の摂取を避けたり、



コレステロールを悪者と決めつけたりすることを含め、



現代人は栄養ストレスの要因となる基本的な問題に直面しています。



例えば、種子油やトランス脂肪酸の使用、砂糖、

ブドウ糖果糖液糖(異性化糖)、炭水化物の摂りすぎと、



それが重要なホルモン(インスリンなど)に与える影響。



最近では高収率の高グルテン穀物、食肉産業による倫理的な問題と、



それがもたらす環境および健康への影響も世間の注目を浴びています。



また、食物繊維不足、添加物、保存料、除草剤、抗生物質、殺虫剤の使用、微量栄養素の削減と塩分に対する敵視、



アルコールの過剰摂取が長年の問題となっていることは言うまでもありません。




まずは自然食品を中心に食べ、



倫理的に育てられた動物(ケージフリーの鶏など)のタンパク質や脂質を選び、



糖質と糖類の摂取を最小限に抑え、



高品質の塩を使い、



フィルターを通した水を飲むことから始めてみよう。




姿勢ストレス


私たち人間は、何百万年もの時を経て、4足歩行から2足歩行の生き物へと進化しました。



狩猟採集民族時代には生存に必要な動きを、農業革命や産業革命の時代には反覆動作を身に付けた。



でも、技術革命によって、ほとんど動くことがなくなった現代の私たちには、



再び生存を賭けた動きが必要となっている。



1日の大半を携帯電話などの電子機器を見ながら過ごしていると、背筋が曲がってしまう。



寝る姿勢も重要。



うつ伏せで寝ると、気道が詰まるだけでなく、頭、首、肩の筋肉も弱くなる。



日常的に体を動かし、頭の位置に注意しながらスタンディングデスクを使い、



ウォーキングをして、横向きで寝るようにしよう。




口腔ストレス


私たちの目の前で、ひっそりと流行している症状がある。



しかも、大抵みんな無自覚。



そう、現代人の90%は顎が細く歯並びが悪い。



上気道の形と大きさは、上顎と下顎の形と大きさによって決まり、



睡眠と呼吸の質に直接影響を及ぼす。



口腔は、虫歯と歯周病という2大感染症の巣窟。



また、口腔は体の中で最も敏感な部位であり、



知覚神経と運動神経の3040%は口腔および顔面にある。



そのため、歯を食いしばったり歯ぎしりをしたりすると、



頭や首が痛くなることもあるけれど、



この問題は見落とされがち。



口腔の健康を甘く見てはいけない。



あなたの体は、もうそれに気付いています。




このように、現代社会ではストレスを避けて通れない。



問題に対処するコツは、何が問題なのかを知ることにあります。



まずは、この5種類のストレスを最小限に抑えることが重要。



そして、

睡眠、呼吸、栄養、運動、思考を重視しながらストレスに強い心身を作っていきましょう。








posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年07月13日

『とうもろこし』




今年は7月に入っても梅雨明けが遅れ、ジメジメとした雨模様が続く日々。



梅雨の時期は、汗はかいていても、湿度が高いために汗が蒸発せず、熱を逃がせなくり、



身体に熱がこもってしまいます。



また一方で、汗をかいて、体内の水はどんどんと外に出ていってしまうため、



脱水症状になってしまうことも。



さらに梅雨の時期は、気温と湿度の変化により、からだと心がうまく適応できず、



副交感神経よりも交感神経が高くなるために、



頭痛や疲れを感じる「梅雨バテ」状態になりやすいのです。




そんな「梅雨バテ」を乗り切るためには、心身をリラックスして過ごしたりすることも大切です。



また、旬の食材は、美味しいだけでなく、



その時期の不調を緩和してくれる栄養がたくさん含まれているため、



夏に旬を迎える「とうもろこし」を補給して、



カラダをリセットしてあげることがおススメです。



とうもろこしの梅雨バテ効果

疲労回復とイライラ防止



とうもろこしに含まれている栄養のひとつに、



「ビタミンB1」が多く含まれています。



この「ビタミンB1」は、全身にエネルギーを行き渡らせる働きがあり、



不足するとイライラしてしまったりと脳にも影響する為、



梅雨時期は、積極的に栄養を補給して、



「疲労を回復する」



「神経機能を正常に保つ」



ことが大切です。




「ビタミンB1」は、水溶性のビタミンですがでんぷん層に包まれており、



熱を加えても栄養が失われにくい性質のため、



茹でてよし、


焼いてよし、


スープにしてもよし◎!



今が旬なとうもろこしを美味しく調理して、積極的に摂り入れていきましょう。




飲む、とうもろこし「コーン茶」



簡単に、日常的にとうもろこしを摂るのにおススメなのが、



飲むとうもろこしこと「コーン茶」です。



コーン茶とは、とうもろこしの実を乾燥させてから、炒ってお茶にしたもの。



コーン茶には、むくみを改善する「カリウム」を豊富に含むため、



塩分を体外に排出したり、利尿を促してくれます。



老廃物を体外に排出することにより、



からだのむくみをスッキリと解消する効果が期待できます。



また、コーン茶は、鉄分などのミネラル類も豊富に含むため、



貧血予防など女性に嬉しい効果が期待できます。



コーン茶は、香ばしさとほんのりと甘みのある優しい風味で飲みやすく、



カフェインが入っていないため、日常的に飲むにもオススメです。



ホットにして、からだの内側からじんわりと温め、



リラックスした時間を過ごすのにも最適なお茶です。











posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記