2018年07月18日

「蚊は35度以上の暑さで活動停止」



35度で活動できなくなる」 は妥当



と言う話があります。



ネッタイシマカという蚊を使った実験で、



いろいろな温度と湿度の条件で蚊の飛翔活動を調べてみたところ、



飛翔が見られたのは10度から35度までだったという論文があります。



また、



これまで最適と言われてきた



27度よりも15度の方が長く飛んだとあります。



日本に多く、

昼間野外でよくヒトから吸血するヒトスジシマカは



ネッタイシマカと近縁なので、



高温に対する耐性もそれほど違わないと思われます。



ですから35度を超えると蚊が活動しなくなって



刺されにくくなるというのは妥当だと言うことです。



白黒シマシマの「ヒトスジシマカ」や



赤っぽい体の「アカイエカ」をはじめ、



日本にはなんと110種以上の蚊が生息していて、



その中でも国内でよく見る



「ヒトスジシマカ」



の仲間は35度以上になると活動しなくなるといいます。



長崎大学熱帯医学研究所

病害動物学分野のサイトによると、



蚊は



「体温」



「動物が呼吸するときに出す炭酸ガス」



「濃い色と薄い色のコントラスト」



「汗や体臭」



4つに寄ってくるという。



また、蚊に刺されやすいのは



1)女性よりも男性



2)体温が高い人



3)成人>青年>子供>新生児(ただし60才以上の高齢者は刺されにくい)



4)一般的にO



だという。



あまりの暑さに、

蚊も休憩したくなる猛暑。


「日中、蚊を見ないからといって安心しないこと」が大事です



日中、蚊はあくまで潜んでいるだけであって、



比較的涼しい朝や夕方に動きが活発になるため、



暑さのピークの中で蚊を見かけなかったからといって



防虫ケアを怠らないことです。



ネット上では



「蚊はこの暑さが危険だと本能でわかっている!」



「蚊を見習って人間も休もう」などの声も。



今年の夏は防虫対策も大切だが、



そもそも外に出ることも危険な暑さが続いている。



熱中症対策にも力を入れて、



暑さを乗り切りましょう。
















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年07月17日

異常気象



今日は愛知県で幼い命が


熱中症によるものです。


近年の異常気象で猛暑日が続き


都内だけで110人が熱中症の疑いによる緊急搬送


この猛烈な暑さは、


子どもの遊び場を1秒で、やけどさせる危険な場所へと変えています。



東京・立川市の昭和記念公園では


温度を測ってみると、表面温度は50度近い温度で、


触れなくはないくらいになっていたそうです。


一方、下にあるクッションのような地面は63度。


さらに、
ブランコをサーモグラフィーで見てみると、


ブランコの座面は白く表示され、


温度が60度を超えていることを表していたそうです。


猛烈な暑さは明日以降も続くため、


子どもたちの手足が触れるものにも注意が必要です。








posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年07月16日

アイテム



『0宣言の家』には、


さまざまなアイテムがあります。


その一つに


『セルロースファイバー』があります。


F56A3697-A620-4F7C-BD7A-5ACEF70AD49D.jpeg


はじめて、この言葉を耳にする人もいると思います。


家づくりにおいて、


寒さ、暑さを防ぐ《断熱材》の一つです。


現在、日本では多種の断熱材があり


それぞれに、一長一短あります。


その中で、『セルロースファイバー』を標準仕様にしています。


なぜ、多くある断熱材から
『セルロースファイバー』を使用しているのか。。。



詳しくは、ホームページ内の

「家づくりの話」に掲載しています。

こちらから…









posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年07月15日

猛暑日



各地で猛烈な暑さとなり



熱中症による死亡者も出ています。


まだまだ暑い日は続きます。


水分をこまめににとり


冷房を適切に使うことで


熱中症対策になります。


熱中症と思われる症状があれば


早めに対策を!


1324A165-CAEF-4581-9E7C-E516BB069153.jpeg





posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年07月14日

見え方…7倍!



1CB53F8B-5A1C-4AC1-8D41-951E806D672D.jpeg


火星が15年ぶりに地球に大接近しています。



731日には最も遠い時期に比べ



7倍の大きさで見えるそうです。



前後1カ月は

普段より大きく輝く“天体ショー”を楽しめます。



 明け方や夕方にしか見えない金星と異なり、



火星は今年、夜間に明るく輝いています。



近年の研究で、



地表に川があったとみられる痕跡や



火山活動の跡が見つかるなど、



全貌が解明されつつあります。



今後の観察については



見えやすい時間は、



現在は午後9時半ごろからです。



31日は午後8時半ごろから見えてきます。









posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記