2018年04月17日

断熱セミナー


4/22(日)   岡山営業所で

断熱セミナーを開催いたします。

1CCD6B5B-444B-45B7-A509-B55582A65CC8.jpeg



近年の家づくりに於いて
欠かせない断熱!


断熱材も多種多様です。


グラスウール、ロックウール
発泡ウレタン系、羊毛断熱材に
セルロースファイバー


それぞれに特徴があり一長一短あります。


コストパフォーマンスに施工性能
経年変化による断熱性能

知っているのと、知らないのでは
大きく違います。


大事な家づくりです。
一つ一つ勉強するのも大切だと思います。



ぜひ、この機会に聞いて頂ければと
思います。


お申込みは、こちらから  ↓↓↓




posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年04月16日

リフォーム



のお問い合わせが今年に入り
多く頂いております。

OB施主様からのお問合せから

ご紹介、新規のお問合せなど。。。

リフォームと一言で言っても
大小さまざまな工事があり

お家をまるごと内外部全て改修するものから、
屋根のみとか外壁のみとか…
内装のみとか

数十万円〜数千万円の工事です。

多くは老朽化や、世代の変化に伴うものです。

断熱性能向上や、メンテナンス費用
(ランニングコスト)の少なくなる相談なども多くあります。

新築、リフォームとも些細なことから
ご相談頂ければと思います。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年04月15日

体がさびる


鉄と同じように『体がさびる』と

言うのです。



【酸化ストレス】が様々な要因で起こり『体がさびる』そうです。



【酸化ストレス】とは、

「フリーラジカル」や「活性酸素」

と呼ばれる不安定な物質が、


体内の他の物質から電子を奪って酸化させることです。



【酸化ストレス】の原因は



たばこの影響です。喫煙者だけでなく、

他人のたばこの煙(副流煙)でも同様の健康被害があります。


太陽光の紫外線も酸化ストレスを起こします。


肌の老化は7割ぐらいが紫外線による酸化ストレスが原因だといわれています。


大量の飲酒や大気汚染物質、

食品添加物や残留農薬も


酸化ストレスの原因になるそうです。


また、無呼吸や心身ストレスも原因になるそうです。



酸化ストレスはヒトに大きな害を及ぼします。


ヒトは酸化ストレス防御機構が備わっているそうです。




一つは、過度な活性酸素やフリーラジカルの発生を抑える


「抗酸化酵素」による分解・除去です。


適度な運動で活性化させることができます。


 適度な運動というのは、


15分〜1時間の散歩、


1〜5kmのジョギング、


15〜30分程度の水泳です。




一つは、抗酸化物質を食べ物から取ることです。


ナッツや植物油に多く含まれるビタミンEは代表的な抗酸化物質です。


また、色とりどりの野菜など


にはさまざまな抗酸化物質が含まれています。


例えば、

トマトのリコピン、

緑茶のカテキン、

緑黄色野菜のβカロテン、

小豆やブドウのアントシアニン、

サケのアスタキサンチンなどです。


これらを適度にバランスよくとることが大切です。


体をさびさせない為には


酸化ストレスの原因を取り除くことが大切です。








posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年04月14日

イベント



本日は、


風水&ライフ・サイクル・コストセミナー


にご来場頂きありがとうございました。

中国伝統風水の素晴らしさ


日本で広まっている風水との違い


お判り頂けたのではと思います。



また、ライフ・サイクル・コストセミナーに於いて



【安物買いの銭失い】という


ことわざも参考になったのではと思います。



これからも、
楽しくて参考になるイベントを開催していきますので



皆さまのご参加お待ちしております。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年04月13日

あなたは朝型人間?夜型人間?



Yahoo!ニュースにこんな記事がありました。



夜型人間、無理して朝型の生活をすることで死亡リスク上昇の可能性


夜型の人は早起き生活をすると

死亡リスクが高まるという記事です。


記事を抜粋しました。


AFP=時事】宵っ張りで、朝に無理して起きる人は、


早寝早起きの人よりも早死にする確率が高いことが、


12日に発表された研究論文で明らかになった。


 英国で43万人以上を対象に行われた


6年半の研究調査によると、


夜型人間は朝型人間よりも


死亡リスクが10%高いことが分かった。


 同調査論文の共著者で

英サリー大学


マルコム・バン・シャンツ氏は


「これはもう無視できない健康問題だ」と述べ、


「夜型人間」は


仕事の開始時間と終業時間を


遅くできるようにすべきだと論じている。


 共著者のノースウェスタン大学


クリステン・ナットソン氏は、


「宵っ張りの人が朝型人間の世界で生きようとすれば、


健康問題を抱える可能性がある」と指摘する。


 2人は一般のデータベースから


38歳から73歳の約50万人について情報を集めた。


対象者は自らを


「間違いなく朝型(27%)」、


「どちらかというと朝型(35%)」、


「どちらかというと夜型(28%)」、


「間違いなく夜型(9%)」


のいずれかに分類し、


さらに体重や喫煙習慣、


社会経済的地位を記録した。


全部で1500人の死亡例が6年半にわたり記録された。


 その結果、

「間違いなく夜型」の人たちは


「間違いなく朝型」の人たちより


死亡するリスクが10%高いことが分かった。


さらにこのタイプの人たちは、


精神的疾患、糖尿病、胃や呼吸器の不調にかかる割合が高く、


一夜あたりの睡眠時間が短かった。


また喫煙、アルコール飲料やコーヒーの摂取、違法薬物の使用の確率も高かった。


 ナットソン氏は「夜遅くまで起きている人の体内時計が、


外部環境と合わない」

ことが死亡リスクの高い原因と述べている。


「精神的ストレスや、体と合わない時間帯の食事、

運動不足、睡眠不足、1人で夜起きていること、

もしくは薬物やアルコールの使用なども原因の可能性がある」【翻訳編集】 AFPBB News


イギリスでは、この様な調査結果が出ています。



日本でも調査をして欲しい思いです。


ストレスが与える死亡リスクなどが明らかになると思います。





posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記