2018年07月13日

明日は



体温を上回る3738℃くらいまで上がる



猛暑日の所が続出します。






47792B36-52FC-4909-A28D-B7A27939E833.jpeg



危険な暑さとなるため、



熱中症対策は必須。



特に豪雨被害が大きかったエリアで



復旧活動をや避難をされている方は



出来る限りの対策を行ってください。




熱中症のサインは?



気分が悪い、ボーッとする、



筋肉のこむら返りがある、



めまい、立ちくらみ、手足がしびれるなどは、



代表的な熱中症の症状です。



熱中症が疑われるときは、



まずは日陰やクーラーの効いている屋内など涼しい場所に移動します。



服をゆるめて熱を発散しやすくし、



冷たい飲み物で水分補給するのが基本です。



冷たい飲料を自分で飲むようにします。



大量に汗をかいているときは、



経口補水液やスポーツドリンク、



0.10.2%の食塩水がいいでしょう。



濡れタオルを身体にあてて扇いだり、



冷たいペットボトルを太い血管のある脇の下、



両側の首筋、足の付け根に当てるなどして、



身体を冷やしましょう。



しばらく休んでも症状が改善しないときは、



誰かについてもらって医療機関を受診しましょう。



ただし、

周囲の人から見て意識がおかしいときは、



すぐに救急車を呼びます。



明日からの3連休



熱中症に要注意です。













posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年07月12日

眠りを遮るトイレも「室温18度以上」で改善



慶應義塾大学の伊香賀俊治教授の記事!


の紹介です。




 心地よい温度の家づくりは、



質の良い眠りにも貢献する。



中年期を過ぎると多くの人が悩んでいる夜間頻尿

(就寝中に1度以上トイレに起きる状態)



の改善にも、



住まいの温熱環境がかかわっている可能性があるという。



伊香賀教授の調査では、



就寝前の居間の室温を


18度以上」


12度以上〜18度未満」


12度未満」



に設定したところ、



18度以上の家に対して、



12度未満の家では、



夜間頻尿である確率が3倍高かった。



099CF749-BF04-43EF-8306-236C0001F72A.jpeg

出所:国土交通省報道資料(2018125日)


「住宅dの断熱化と居住者の健康への影響に関する調査の中間報告(第2回)」より作成



「現在、40歳以上の約69%に夜間頻尿が起きていると推計されます。



室内の寒暖差のある家で冬場のトイレに向かうのは体への負担が大きく、



ヒートショックを引き起こしかねません。



また、夜の移動は転倒の危険が高い。



介護予防が重視される中で、



寝室温度も含めた夜間頻尿の対策が求められていくでしょう」



 このほかの調査でも、



断熱レベルが低く寒い家ほど、



さまざまな病気のリスクが高まることが明らかになっている。



なかでも高血圧と無断熱・低温の家のかかわりは鮮明だ。



「高知県檮原町で10年間にわたって実施した追跡調査では、



室温18度以上の家と、



18度未満の家に暮らした場合の



健康への影響をみてきました。



特に高齢の方ほど、



温度の影響を受けやすい傾向にあり、



10年後の高血圧の発病確率は



暖かな家よりも寒い家のほうが



6.7倍も高いという結果が出ています」



 たかが血圧と侮るなかれ。



高血圧は、心筋梗塞や脳梗塞など重篤な病気の要因の一つとなる。



英国では、室温を18度以上に保つことを国として推奨している。



家中が適温に調えられていると、



元気で暮らせる健康寿命が長い

傾向にあるという興味深い指摘もある。



住まいの温熱環境を整えるのは、



目には見えない投資ゆえに高コストと考えられがち。



しかし断熱・気密・空調を気にかけておくことが、



家族の健康を守る手立てになる。



手をかけておいて損はない。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年07月11日

『家の空気が「健康」をつくる』



という記事を目にして


見ると



現在、『0宣言の家』の健康調査を

してくださっている



慶應義塾大学の伊香賀俊治教授の記事!


一部抜粋です。





いつまでも若々しく、



元気に生きていくために、



「住まいの温度」



が影響している。



家の温度とそれを保つ



断熱・気密、



そして健康にはどんな関連性があるのか、



慶應義塾大学の伊香賀俊治教授に聞いた。


夜間の熱中症事故は断熱・遮熱・冷房で防ぐ


CA15BC84-8F57-4F37-B4E2-A358B26F4E42.jpeg


慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科 

伊香賀 俊治 教授



 健康志向が強まる昨今、



食事や運動は誰もが意識している。



しかし「住まい」が健康に大きく影響していることは、



案外知られていない。



例えば夏の熱中症や不眠、



冬の高血圧やヒートショックは、



家の断熱性能を高めることで、



改善が見込まれる可能性がある。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


たかが血圧と侮るなかれ。



高血圧は、心筋梗塞や脳梗塞など



重篤な病気の要因の一つとなる。



英国では、室温を18度以上に保つことを国として推奨している。



家中が適温に調えられていると、

元気で暮らせる健康寿命が長い傾向にあるという興味深い指摘もある。



 住まいの温熱環境を整えるのは、



目には見えない投資ゆえに高コストと考えられがち。



しかし断熱・気密・空調を気にかけておくことが、



家族の健康を守る手立てになる。



手をかけておいて損はない。



と言う、内容です。



お家の中の温度差が少ない家が



家族が安心・安全に過ごせる条件みたいです。




『0宣言の家』は、

温度差が少ないデータがあります。



これらは、現在住まわれてるお家を第三者機関が実測したデータです。



住めば住むほど



健康になるお家『0宣言の家』です。















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年07月10日

『本当に良い家づくりセミナー』




7月28日(土)



福山市にて

『本当によい家づくりセミナー』

が開催されます!



今まで4万人以上が参加(2018124日時点)された



『本当によい家づくりセミナー』が福山市にて開催されます!



(講師:澤田升男氏)



家づくりを計画されている方は参考の為に



『住宅展示場』へ足を運ばれる方が多いかと思います。



しかし、



その『住宅展示場』では絶対に教えてくれない真実があるとしたら・・・


 

・日本の住宅はなぜ短命なのか?

 


・知って得する資金計画。



住宅ローンの選び方で

「こんなに得する」

「こんなに損する」

 


・家を長持ちさせて、

住む人の健康も増進させる新技術のエネルギーとは?


 

以上は講演内容の一部です!

 

 

 

これを知って家づくりをするか、



知らずに家づくりをするかは雲泥の差!


 

まずは一度、



こちらの家づくりセミナーに



ご参加されてからの家づくりのご計画をおすすめします。



参加は無料です。




日時:2018年7月28日(土)



開演1300〜(開場1230〜) 


終了1630(予定)



場所:びんご地域地場産業振興センター 4階 大会議室


(広島県福山市東深津町3-2-13



定員:先着100



お問い合わせは・・

NPO法人ハウスドットコム 


0120−318−099


(平日9:00〜18:00)



ホームページからでも「本当に良い家づくセミナー」のお申込みができます。









posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年07月09日

各地で



災害が起こり、


西日本を中心に100人以上犠牲者を出した


記録的豪雨です。


被害は、今でも広がっています。


小学校の恩師も、崖崩れにあい
亡くなられました。


心からご冥福をお祈りいたします。













posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記