2019年01月04日

1/6



2018年は、皆既月食が2回(1月と7月)



15年ぶりの火星大接近など、



天体イベントの当たり年でした。



2019年は、当たり年とまではいえないものの、



日本全国で部分日食が2回も見られる珍しい年です。


◆部分日食/16日(日)



太陽の手前を月が横切ることで、



地球から見たときに



太陽の一部が欠けているように見える部分日食が、



全国で見られます。



時間帯の目安は、



840分頃から1130分頃まで。



ただし、地域によって多少異なるので、



国立天文台のホームページなどで正確な時間を調べておくと◎。



太陽が欠けて減光していても、



直視するのは厳禁です。



日食グラスを使用するなど、



目の安全に配慮して観察しましょう。


◆部分月食(月入帯食)/717日(水)



中国・四国地方以西で、



明け方に西の空で部分月食が見られます。



部分月食とは、地球の影の中に月が入り込むことで、



月が欠けているように見える現象のこと。



今回は、月が欠けた状態のまま西へ沈んでいく



「月入帯食」となります。




◆部分日食/1226日(木)



1月に続いて、2回目となる部分日食が



全国で1430分頃から見られます(時間は、地域によって多少異なります)。



1月と大きく異なる点は、



東日本から北日本では、



太陽が欠けた状態のまま西へ沈む「日入帯食」になること。



夕日が沈む様子は日常的に見られますが、



欠けた夕日が沈むところは滅多にお目にかかれません。



前述の地域以外は、太陽が沈み始める前に、



食が終了します。












posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年01月03日

『火球』



正月三が日の夜明け前の空に、「火球」とみられる目撃情報がネットで話題に。


西日本を中心に多く目撃されたみたいです。


1/3〜1/4の明け方にかけて
しぶんぎ座流星群が見ごろです。


三大流星群の一つ『しぶんぎ座流星群』


1/4がピークなので1/12頃迄は見れそうです。


流星群を見てると『火球』と出会すかも






posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年01月01日

『2019』





新春のお慶びを申し上げます


皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。


昨年は何かとお世話になりまして、
大変ありがとうございました。


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。












posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年12月30日

『一年』



今年も残すところ二日となりました。


一年を振り返ると、様々な出会いと出来事があります。


多くの方に助けられ、生かされています。


生かされていることに感謝し


私達に出来ること


一人でも多くの方に、「安心、安全な生活空間」を伝えていきます。


皆さま一年間ありがとうございました。


よいお年をお迎えください。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年12月27日

『マナー運転』



サンデードライバーに多くみられるNG運転



道交法を守っていればいいというわけではなく

 

年末年始の帰省の時期は、



普段クルマを運転する機会が少ない人が



長距離ドライブをすることも多くなります。



そうした人たちによく見られる、



好ましくない運転の例やトラブルと、



いくつかリストアップされていましたのでご紹介します。


1)追越し車線をダラダラ走る



高速道路上の「妖怪通せんぼジジイ」



誰もがストレスなく走れるために追い越しが終わったらすぐに走行車線へ戻るのが鉄則

 


一番目立つのは、高速道路の追い越し車線をダラダラとマイペースで走り続けるクルマ。



後ろが数珠つなぎになっていようともお構いなし。



「法定速度は守っているし、前にクルマがいなくて走りやすい」といった感覚で、



ずっと右側の車線に居続ける人がいるが、



速度の速い・遅いにかかわらず、



ずっと追い越し車線を走るのは道交法違反。



「通行帯違反」となり、違反点数1点、反則金6000円(普通車)のペナルティの対象となります。


 

追越し車線は、前走車を追い抜くときだけ利用できるスペースで、



通常、およそ2km以内に走行車線に戻ることがルールとなっているので、気を付けましょう。



2)上り坂でスピードダウン、下り坂で加速……



坂道では減速してしまうことを覚えておきたい

 


これもマイペース型のドライバーによく見られるパターン。



高速道路などは、一見平坦な直線に見えても、じつはけっこう起伏がある。



にもかかわらず、上り坂、平地、下り坂とどこでもアクセルが一定で、



地形の変化で速度がけっこう変わる人がいる。


 

これは典型的な渋滞の原因になるパターン。



走りなれていない人ほど、クルーズコントロール機能を活用して、



坂道などで速度低下にならないよう気を配ってほしい。



最近の追従型クルーズコントロールだと、さらに便利ですね。



3)速度が安定しない



勢いよく走っていたと思えば、突然ペースが落ちてしまうといった人も……


 

高速道路は、流れに乗って一定の速度で走り続けるほうが、疲れないし、



ストレスが溜まらず、燃費にも優しい。



ところが、ある区間はハイペースかと思えば、



ある区間はスローペースと、



かなりペースにバラつきにあるドライバーがけっこういます。


 

これは本人も疲れるし、周囲のドライバーにとっても流れを乱されるので迷惑な存在。



スピードメーターをこまめに見るか、



クルーズコントロールを利用したほうが賢い運転といえます。



年末年始、運転する機会が増えるのでマナー運転



心がけたいです。







posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記