2018年09月10日

秋の不快害虫



31255873-1685-4A0D-80CB-B83E83B7770D.jpeg


今年の猛暑で元気がなかった不快害虫が、



9月になって活発化するといわれています。



むしむしする残暑こそ、害虫対策が重要。



噛まれると、激痛と赤い腫れが起こる。



ムカデへの対策は?



エアコンダクトと壁の隙間など侵入経路を埋めたり、



忌避剤をまくなどの対策を。



普段は屋外で生息しているが、



ゴキブリやクモなどのエサを求めて屋内に侵入。



身近なクモを防ぐには? 



毒をもつ外来害虫のセアカゴケグモなどのほかは、



ほとんどのクモが昆虫を捕食する益虫で無害。



クモの巣が気になる場合は、



市販の巣張り防止剤で対処を。



トコジラミは、

体長45mmで、

カメムシの仲間。



南京虫ともいう。



近年の海外からの渡航者増加で宿泊施設などで増えて問題になっている。



薬剤が効かない場合もあり、



くん煙剤で室内全体の駆除を。



また、コイガも問題になっている害虫だ。



コイガは、衣類を食べる。



59月頃に多く発生し、



動物性、植物性のどちらの繊維も食べるのが特徴。



衣類に残る汗などの汚れをしっかり落とし、



防虫剤でブロックを。



小さい個体だが、放っておくと大変な被害になる害虫がアリです。



通常は屋外に生息するが、

室内に侵入することもあるので、



エサとなる食べ物を片づけて。



ベランダの植木鉢などに巣を作った場合、



巣が多くなると、新しい女王アリが別の鉢に移って新しいコロニーを作るため、



早めに毒餌剤で巣ごと全滅を。



そして、最近注目されているのが、マダニとツツガムシ。



草むらなどに潜み、噛まれるとダニ媒介感染症で髄膜炎や脳炎などにかかる可能性があり、



重症化して死に至ることも。



野外では肌の露出を少なくし、



虫除け剤で防御することが重要です。





posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年09月09日

『外来種』




37615E3B-FF23-42B8-B4BA-3934BF3457A5.jpeg

国指定の特定外来生物で、



桜や梅の木を食い荒らす



「クビアカツヤカミキリ」



の被害が急速に広がっています。



このカミキリムシは成虫が体長2.5〜4センチの外来種。



成虫は光沢のある黒色で首のように見える胸部が赤いのが特徴。



繁殖力が非常に強く、卵の数や産卵回数も在来種の数倍という。



幼虫は樹木の内部を食い荒らしながら2、3年でさなぎになる。



幼虫が侵入した木からは



「フラス」と呼ばれる、



ふんと木くずの混合物が出る。



原産は中国、朝鮮半島、ベトナム北部など。



貨物などに紛れて国内に侵入したらしい。



2012年に愛知県で初めて見つかり、



県内では15年7月に館林市で初めて確認された。



環境省が今年1月に特定外来生物に指定、



飼育や販売を禁じている。



県は昨年から被害実態の調査を始め、



昨夏は東毛7市町で計682本の樹木が被害を受けたが、



今夏は計1510本へ急拡大した。



樹木の侵食が進むと伐採せざるを得ない。



桜や梅の木が消えていく危機も。。。







posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年09月08日

『スズメバチ』




一雨ひと雨秋の訪れを感じるころ



日本国内で最強の害虫といわれるのがスズメバチが凶暴化する季節




AFEA6C0E-4477-45E1-91F3-F40323BBD782.jpeg




凶暴性No.1がオオスズメバチで、



キイロスズメバチも好戦的。



都市部で営巣することもあります。



スズメバチによる死者は



年平均3040人にものぼり



910月は新女王蜂が成長期で食糧が必要になるのに、



ほかの昆虫の数は減るため、特に凶暴化します。



スズメバチは種類が多く、



そのほとんどが庭木や壁、

縁の下、天井裏、軒天、軒下、

屋根裏など、人と近い場所に大きな巣を作るのが特徴です。



しかしオオスズメバチは森や土中などに巣が多く見つけにくいのです。



10月の行楽シーズンにオオスズメバチと出くわし、



刺されるケースが多いのはこのため。



刺されてアナフィラキシーショックを起こすと、



命にかかわることも。



刺されたら静かに後ずさりし、



毒を絞りつつ流水で洗って病院へ急いで。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年09月07日

ジンジャーエール




0652F031-3995-4019-992E-7EA1D903BBA0.jpeg


最近  ハマっています。



オーガニック・ジンジャーエール



ジンジャーの香りと味が良いです。


ジンジャーにはジンゲロンやショウガオールといった辛味成分が含まれており、



この成分が血液の循環をよくして体を芯から温めてくれます。



その保温効果によって、



冷えからくる腎盂腎炎や膀胱炎などにも効果があると言われています。



また、ジンジャーには代謝をよくして発汗を促進する効能もあり、



冷え性の人や風邪をひきやすい人に適したハーブです。



そのほかにも、このハーブは胃腸のはたらきを助けて消化を促進し、



胃もたれや吐き気を抑えてくれます。



また、刺激の強い薬を飲むときに併せて飲用すると、



それらから胃を守ってくれる効果があると言われています。


F46D12E8-D5D3-4312-BFF3-7FF7A8BC8D08.jpeg

効能・効果まとめ



消化促進、発汗、血行促進、鎮痙、抗炎症、殺菌









posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年09月06日

『災害対策』




西日本豪雨に最強台風21号‥

北海道・厚真町で起きた震度7の地震、



各地の被害がとんでもないことになっています。



災害は、いつどこで起こるか分からない



災害対策は日頃から



停電、断水、避難所非常時にどう行動すべき?



安全が確保できてからの行動



火災に注意



地震後の火災を防ぐために、やってはいけない6つのこと



1.停電中の自宅を離れる際は、ブレーカーを落とすのを忘れずに



2.極力、ろうそくなどの裸火は照明として使用しない



3.カセットコンロを使う際は、鍋底がボンベを覆わないよう注意する



4.ヒーターなどを本来の目的と違う使い方をすると危険



5.煙突が壊れたら、風呂釜やボイラーに注意



6.被災した太陽電池パネルは、素手で触らない



二次災害を起こさないように知っておきたいことです。


警視庁警備部災害対策課では

一工夫して非常時の明かりとりの紹介があります。



『皆さん、お持ちの非常持ち出し袋に懐中電灯は入っていますよね?



一工夫してランタンに替える活用術。



懐中電灯の上に水を入れたペットボトルを乗せるだけで、



732E0677-0704-4D8A-9EB8-F9F3B5ECC7E4.jpeg

光が乱反射して周りを照らすことができますよ。



懐中電灯が小さい場合は



コップに入れてやってみてください。



FB6DB2E9-6491-47C9-9D8F-944F3E501EC0.jpeg

火を使わないので安全です。』









posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記