2019年06月03日

『カビ・ダニ』




気温と湿度が上昇する梅雨どきは、



カビ・ダニが活発になる季節。



毎日過ごす時間が長いけど、



見落としがちなカビ・ダニの

発生場所が寝室やクローゼットです。



ベッドの下


綿ボコリはダニのすみか。



寝具にカビがつくことも



ベッドの下の綿ボコリは、ダニの生息ゾーン。



空気がよどむとさらに増殖することに。下にはものを置かず、通気性を確保して。



ベッド回りが湿気るとベッドマットなどにもカビがつく危険もあるので注意です。



枕・ぬいぐるみ



日々の汚れがダニの原因に。



洗濯+天日干しで対策を



枕からは、ホコリ1g当たりコナヒョウヒダニ86匹、



ヤケヒョウヒダニ121匹を検出例があります。



皮脂がつきやすい枕、



手アカで汚れがちなぬいぐるみは、



油断するとダニの温床に。



手肌に触れるものだけに心配です。



ダニアレルゲンは水洗いで取り除くことができます。



洗濯できるものを選び、こまめにケアするといいです。



クローゼット



綿ボコリがたまり、空気がよどむとカビ発生の危険大




クローゼットの中は、繊維くずなどがたまることで想像以上にホコリが。



扉を閉めきっていると湿った空気がよどんでいることも。



大切な衣類を傷めないためにも早めのカビ対策が必要です。









posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年06月02日

『コーヒーとウンチ』




「コーヒーとウンチ」の記事を目にしたので、ご紹介します。



コーヒーを飲むとウンチしたくなる現象、科学者が調べ始める



コーヒーとウンチの謎、解明されるのか?


コーヒーなしでは朝は人間として機能しないって人、多いと思います。と同時に、コーヒーを飲むとどうしてもウンチしたくなっちゃう方も多いと思います。コーヒーを飲むとなぜか便意をもよおすとことは知られていますが、なぜそうなのかはずっと謎のままでした。その謎の解明に向けて、科学者たちが本気で動き出しました。



カフェインじゃなかった

Digestive Diseaseという学会で発表された研究によると、「カフェインがウンチに関わっているのではない」という予想を裏切る結果だったそうです。さらには、コーヒーは内臓にいる細菌を殺していることも判明。


どのように研究が行なわれたかというと、テキサス大学のリサーチチームがまず、研究用のラットをグループ分けし、3日間連続普通のコーヒーとカフェインのないデカフェコーヒー(カフェインが抜かれたコーヒー)を与えました。その後ラットの腸からお尻周辺の筋肉細胞が、コーヒーに対してどのように反応するかを観察。


結果はとても明らかなものでした。小腸、大腸の筋肉はコーヒーを飲んだ後、より収縮していたのです。というのはすなわち、ウンチがより速く移動できるということ。


「コーヒーは腸の運動に対して刺激効果があるということです。そしてカフェインはこのことに全く関連性がないのです。なぜかと言うとカフェイン抜きのデカフェコーヒーでも同じことが起こったからです」と話すのは今回の研究のリーダーShi教授。

人口の30%は早ければ4分以内

実は過去にもコーヒーが腸の筋肉に直接影響を及ぼすことを実証する研究がされています。1990年に行なわれた調査では、健康的な「自称・コーヒー飲んだらウンチしちゃう人」は、コーヒーを飲んでもウンチしたくならない人たちよりも、結腸周辺の筋肉がよく動いていることがわかっています。


今回の研究ではデカフェのコーヒーを飲んだ人にも同じ効果があることがわかっています。そしてウンチをもよおす時間は短くて4分以内。1990年の研究ではコーヒーが小腸や胃を通して結腸に間接的に作用していると考えられていました。そしてコーヒーを飲んだ後にウンチをしたくなるのはたった30%ほどの人だけだという結果も。


抗菌剤としての働きも

しかしShi教授チームは腸の研究だけでなく、ラットのウンチまで調べちゃいました。コーヒーを飲んだ後のウンチと飲まなかった時のウンチを比べてみると、コーヒーを飲んだ後のウンチの細菌の数が少なかったのです。さらにはウンチを1.5%のコーヒー溶液につけてみると、細菌の成長が大きく休止し、3%のコーヒー溶液にするとさらに効果が強まったそう。そしてデカフェも同じような結果が出たとのこと。


「これは大変興味深い結果です。コーヒーは抗菌剤になりうるということです。デカフェでも同じ結果が出ていますし。しかしもう少し研究していかなくてはいけません。なぜコーヒーにこんな効果があるのかということを」とShi教授は話しています。

調査は続行、あなたは30%

いまの所コーヒーが絶対にウンチを出す効果がある、と言ってしまうのは早い気がします。それにコーヒーを飲むことでいい働きをしている細菌までも殺してしまうのならいいこととは言えません。別の研究では、コーヒーが結腸を健康にし、結腸ガンのリスクを下げているという結果も出ているんですけどね。


コーヒーがなぜウンチを出す効果があるのかは、もう少し調べていく必要がありそうですが、この調査が進めば便秘の人などの助けになるかもしれません。Shi教授チームはこの先、今回の研究を研究者仲間や同分野の専門家に評価・検証してもらうプロセスに入っていくと話しています。


コーヒーを飲むとウンチしたくなっちゃう人はたった30%ほどということですが、コーヒー好きのみなさん、いかがでしょう?ウンチしたくなっちゃう派ですか?










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年06月01日

『朝寝坊』



平日に十分な睡眠時間が確保できないと、



睡眠負債が蓄積して脳のコンディションは悪くなる一方です。



その負債を早めに返すために推奨したいのが、



週末など休日の戦略的な寝だめ。



多く寝ても眠りは貯金できないが、負債は返せるのです。




朝寝坊は2時間以内にするのがコツです。



遅くまでダラダラ眠っていると、



起床時刻で調整される体内時計が狂い、



生活リズムが崩れる社会的時差ボケに陥り、



休み明けに起きるのが辛くなってマイナス。



でも2時間くらいなら体内時計のリズムは崩れないし、



疲労を取るのにも必要十分です。



睡眠時間が15時間未満だと死亡率が15%上がりますが、



休みの日に2時間長く眠ると有意な差がなくなるという報告もあります。




一歩進んで理想的なのは2時間遅く起きるのではなく、



2時間早く寝ることです。



すると起床時刻を変えることなくプラス2時間睡眠が取れます。



昼寝もいいけれど、夜眠れなくなるほど爆睡するのはNG



30分程度に留めて深い眠りに入らないようにです。



睡眠は、脳疲労をリセットしてくれます。














posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年05月31日

『シムズ位』




筋トレでフォームが大事なように、眠る姿勢も大切です。



多くの人は仰向けに寝ようとするが、



それだと舌の根元や喉の筋肉が重力で垂れ下がり、



気道が狭くなって呼吸しにくくなり、



自律神経の負担が増える。



イビキは狭い気道を空気が通るときに発するから、



イビキをかいて寝る人は要注意。



気道を確保するには、抱き枕などを活用して横向きに寝た方がいい。



それだけでも80%の人はイビキが改善するという。




横向きのなかでもラクなのは



「シムズ位」



といわれる姿勢です。



アメリカの産婦人科医シムズ氏が妊娠時の安楽姿勢として提唱したもの。



左側面を下にして横向きに寝て、



右の股関節と膝を曲げる姿勢です。



これだけで喉が詰まりにくく


内臓にも負担がかからず、


自律神経にも優しい。




「左側を下にすると胃の入り口が下、出口が上になって胃の負担が増えるので、



胃下垂などで胃が弱い人は右側を下にするといいでしょう」




枕も横向きの姿勢でオーダーすると自然に横向きで寝やすくなります。



睡眠は、脳疲労を取るために大事なことです。



良い睡眠を















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年05月30日

『シワ』



ニッポン放送「草野満代夕暮れWONDER4で、



『しわが出来る原因とその予防法』について医師が解説しました。




リスナーから寄せられたメール。


『しわが1本できた!しわはなぜできるの?食い止められないの?』



に対して、医師が回答しました。




「顔にできるしわの1つ目の原因は皮膚の弾力やハリの低下です。


2つめの原因は、歳を重ねることで表情筋が衰えてしまうこと。


そして3つめは、加齢によって皮下脂肪が減ることです。


頬の筋肉の支えが弱まり、脂肪が下がってしわが目立つようになるのです。



日常生活の中でしわを予防するには、


日焼けをしないように心がけることで光老化を抑制することが大切です。


乾燥肌の人もしわになりやすいので保湿もとても大切です。


しわを増やさないために日常生活で気をつけたい習慣としては、


喫煙・姿勢・急激なダイエットです。


喫煙は血流を悪くして皮膚の新陳代謝を乱すため、


肌が乾燥してしわが深くなりやすくなります。



また、食べ物を片方だけで噛むクセがあったり、


やわらかい食べ物を好む人はほうれい線ができやすくなります。


スマホ・パソコンをよく使うという人も前かがみになりがちで


姿勢が悪くなりほうれい線ができやすくなります。


そして急激なダイエットでやせてしまうことも


皮下脂肪が減少して顔のしわを目立たせます。




以上のような肌のハリと潤いを保つための毎日の積み重ねが、しわの進行を遅くしてくれます。」



スマホの使い過ぎも

「シワ」の原因の一つようです。











posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記