2018年04月07日

上棟



F0B97A09-0990-4EFE-8722-730BBCD9FFA4.jpeg




東広島市 Ki様邸 上棟です。


Kiさま、本日はおめでとうございます。


Kiさまとの出会いは、後輩の紹介で

ご縁を頂きました。


当初は、建売住宅を買うか

お家を建てるか悩まれているところをご紹介頂きました。


お話を進めるうち、【0宣言の家】に

魅了され、ご縁を頂きました。


予算は、建売住宅から0宣言の家ですから当然オーバーです。


イニシャルコスト(初期費用)だけ考えればです。


トータルランニングコストを考えると

断然お安くなる事に気づかれ


ご縁を頂きました。


Kiさまの『想いのお家づくり』

スタッフ・職人さんと真心こめて

努めて参りたいと思います。







posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年04月06日

直径 4ミクロン



なんの大きさか分かりますか?

3月〜5月に飛来してくる量が増える

黄砂の大きさです。


スギ花粉の直径が30〜40ミクロンです。

体内にこのような異物が入り込めば、

喉や気管に異常をきたし、

咳や喘息症状の引き金となることも。

黄砂による症状は、
「黄砂アレルギー」と呼ばれています。

症状は、花粉症などのアレルギー性疾患と同じように、

目や鼻、気管支、皮膚などにあらわれます。

目に入ると、かゆみやアレルギー性の結膜炎

鼻に入ると、鼻水やくしゃみなどアレルギー性鼻炎
のような症状を引き起こします。

気管支に入ると喘息を誘発させる場合もあるのです。

さらに、
黄砂に含まれるカビ・ダニ・ホコリなどが

原因のアレルギー性疾患、

アトピー性皮膚炎などを発症する場合も。

花粉症と同じような症状なので、

区別が難しいのですが、

黄砂の飛来とアレルギーの症状が

発症する時期が重なるのであれば、

黄砂アレルギーの可能性もあります。

花粉に比べて粒子が細かいので、

気管に入ったり、
肺の奥まで侵入してきてそこに蓄積し、

症状を長引かせることもあるようです。

黄砂アレルギーの薬というものはとくにないため、

症状にあわせての対症療法になります。

黄砂アレルギーが引き起こされるのは、

黄砂が体内に侵入してきてしまうためです。

黄砂が入り込むのは、目、鼻、口などの粘膜から。

肌は黄砂のような細かな物質でも体内に入り込まないようになっていますが、

粘膜は肌のように異物の侵入をガードすることができません。

目や鼻、口から黄砂が入り込んでしまわないように気をつける必要があります。






posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年04月05日

スマホ中毒!



って言葉ご存知ですか?

麻薬の蔓延より大きな危険とも言われています。

スマホ中毒は、
目の異常を誘発するのが一番の問題に思われるかもしれません。

しかし、さらに壊滅的な影響を与える可能性があります。

デジタル機器やインターネットを極端に使用すると、

アルコールや薬物乱用のような

衰弱や致命的な行動依存症につながる恐れがあるからです。

アメリカ小児科学会(APP)で
メディアとコミュニケーション評議会の議長をつとめる

デイヴィッド・ヒル博士によると、

最近の調査で判明したのは、

米国の10代のおよそ5〜8%が、

スマホの問題のある使用で精神に異常をきたしているということです。

ヒルは、私たちの社会でそれが果たしている影響を考慮すると、

恐らく麻薬の蔓延よりも大きな危機と言えるだろう、とも警告しています

数々の専門家が、このように厳しい警告をしています。

実際、国内の調査でも、依存症の可能性が指摘されています。

 北海学園大学経営学部の伊熊克己教授による論文

『学生のスマートフォン使用状況と健康に関する調査研究』によると、

2015年、同大学の学生スマホ保持者

267人にアンケートをとった結果、

「あまり健康でない」、

「まったく健康でない」

と自覚している割合は、およそ11%にのぼった。

また、自覚症状別の項目割合では、

「疲れている」と感じる割合が83.8%と最も多く、

直接的な精神的ダメージといえる

「うつになる」は47.2%との結果が出ています。


スマホの何が悪いのか明確にはされていませんが

これらから推測すると
スマホから出る電磁波が

人体、脳に与える影響が大きいかと思います。








posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年04月04日

感染症にご注意!



四月に注意して欲しい感染症!

と言う記事を目にしました。


431B97F2-C4CC-4559-8BEC-B0EE47537C81.jpeg

No1にロタウイルス感染症

かかりやすいのは乳幼児で
一般に年長児や成人は不顕性感染となります。

No2に溶連菌感染症
(A群溶血性レンサ球菌咽頭炎)

子供がかかりやすく発疹がでる感染症です。

No3に咽頭結膜熱(プール熱)

咽頭結膜熱の感染経路は、主に接触感染です。
また、飛沫感染もあります。

No4にインフルエンザ

主な感染経路は、くしゃみ、咳、会話等で
口から発する飛沫による飛沫感染です。
他に接触感染もあるといわれています。


四月に入り、新年度の始まりです。
体調管理をしっかりしていきたいと思います。








posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年04月03日

モロヘイヤ



23E9AEF4-3C9E-4632-9E7A-199CB03F15EF.jpeg


モロヘイヤ。。、あまり聞きなれない方も

エジプトが原産のモロヘイヤは

すぐれた美容効果があるといわれています。

ビタミンAをはじめ、B2、C、K、
カルシウム、銅といった、

ビタミン類やミネラル類を多く含みます。

旬の夏にはスープやスムージーなどで
たくさんいただくといいようです。


モロヘイヤは、体内でビタミンAに変換されて
抗酸化作用を発揮するβ-カロテン。

モロヘイヤのβ-カロテン含有量は100gあたり1000μgと、

野菜の中で圧倒的な数値を誇る。

抗酸化作用のあるビタミンCや
ビタミンEもたっぷり含まれており、

抗ガン作用や風邪予防のほか、

心臓病予防や眼精疲労の回復にも効果的です。

モロヘイヤはカルシウムの含有量でも
トップクラス。

ビタミンDを含む食材と一緒に食べれば
カルシウムの吸収率が上がり、

骨粗しょう症の予防にも! 

美容から、抗ガン作用&風邪予防にも!

スーパー野菜です。





posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記