2018年06月28日

「たばこは薬物」




覚せい剤上回る依存性指摘 - 日本禁煙学会、ホームページに見解




 見解では、



《たばこが日本人の健康寿命を縮める



最も大きな原因の1つであると指摘。



受動喫煙で1年間に死亡する人の数は、



交通事故の死者数の3倍以上の



15000人との推計値を提示し、



「たばこによる犠牲者数を抜本的に減らすためには、



ニコチン依存症を克服して禁煙を達成することが必要」としている。



 たばこの依存性についても言及しており、



「覚せい剤やアルコールよりも強い依存性をもたらす



『薬物』



であることが多くの研究で明らかになっている」と説明。



また、「喫煙習慣の本質はニコチン依存症」



としている厚生労働省の禁煙支援マニュアルも紹介している。》



タバコだけではなく、



住宅環境が及ぼす健康被害も調査して欲しいと思います。







posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年06月27日

『食中毒』




厚生労働省が発表している



「食中毒発生状況」によると、



梅雨入り後の6月頃から9月頃に食中毒は急増します。



調理器具から食材、



料理を通じて細菌が口に入ると、



食中毒の恐れがあります。



キッチンで細菌の多い場所は



1位 排水口のゴミ受け



2位 包丁スタンド



3位 菜箸立て



4位 冷蔵庫の取っ手



5位 電気ポットの取っ手



梅雨入り後の6月頃から9月頃に食中毒は増加するのは



微生物が増殖する条件



(温度・湿度)



が整うからだと言われています。



包丁スタンドや菜箸立ては、



普段からなかなか洗浄されないところ。



包丁や菜箸の汚れが内部などに

たまりやすくなっています。


また冷蔵庫や電気ポットの取っ手は、



お子さんも触れることが多いので注意が必要です。



食中毒予防には、



アルコール除菌剤を使うことが効果的。



キッチンアイテムの汚れを落として



水気が完全に乾いたら、



アルコール除菌剤を全体にたっぷりと



スプレーをすることで、除菌効果が高くなります。



食中毒を予防するには、



食中毒菌を


“つけない”


“増やさない”


“やっつける”



3原則を実践することが重要です。


これからの夏!


夏バテしないように体調管理と3原則を実践し



元気に、夏を乗り越えればと思います。






posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年06月26日

地震



本日


26日午後5時頃、



広島県北部を震源とする地震があり、



同県三次市、庄原市と島根県飯南町で震度4を観測ししました。



気象庁によりますと、



震源の深さは約10キロ、



地震の規模を示すマグニチュードは4・9と推定されています。



東広島の震度は3くらいでした。



そんな中



きょう、政府の地震調査委員会が



全国各地の地震の発生確率をまとめた



予測地図『全国地震動予測地図』を発表しました。



今後30年以内に



震度6弱以上の地震



が発生する確率”を色分けしていて、



最も濃い赤色は発生確率が26%以上の地域になります。




4C553C67-47D8-4941-93FE-4FF04A940DE1.jpeg

BBA9849F-01DD-4B8B-93DB-CF7E81756C57.jpeg


B49E67A7-D7C1-4693-B0DF-FE59DDBF35FB.jpeg


5FFA0746-28E1-48ED-B8D7-12941B342FF5.jpeg



054F4B80-1C8E-4F24-9360-6EAADF199B9A.jpeg

DCA21F12-E72D-4CAA-937A-9C37C8B57888.jpeg


(「プライムニュース イブニング」626日放送分より)一部抜粋





posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年06月25日

「レプチン」と「グレリン」




睡眠不足で自律神経のバランスが乱れると、



交感神経と、副交感神経の



切り替えがうまくいかなくなり、



食欲抑制ホルモンである



「レプチン」



の分泌が乱れ、

食欲をコントロールできなくなります。 



「レプチン」



は満腹中枢を刺激し、



次に溜まった脂肪を燃焼させるための伝達をします。 



この作用により食欲をコントロールし、



脂肪を燃えやすくする働きをしているのです。



また、睡眠時間が少ないと、



「レプチン」



とは反対の作用をもたらす食欲促進ホルモンの



「グレリン」



が多く分泌され、



ますます食欲を促進してしまい、



過食に走る恐れが!




質のいい睡眠をとることで



「痩せホルモン」をたくさん分泌させることができます。



ダイエットに役立ちますよ。







posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年06月24日

「コルチゾール」




「コルチゾール」



というホルモンは睡眠とダイエットに深い関係があります。



このホルモンは、浅い眠りのレム睡眠中に分泌されるホルモン。 



「コルチゾール」は、睡眠中のエネルギー供給のために、



体に蓄積されている脂肪を燃焼させ活用する働きがあります。



そのため睡眠不足が続くと太りやすくなるというわけです。 



この「コルチゾール」は、



午前3時頃から明け方にかけて多く分泌されるといわれています。



昼夜逆転した生活をしている人は要注意です!






posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記