2018年10月26日

『老けのスピードと食事』



20万人を診た権威が教える「老けない最強食」



という記事がありました。



これはぜひぜひ

知ってて損はしませんね。



老ける最大の要因は「酸化」と「糖化」。



各組織の弾力性が失われ、



サビつくのはこの二つが原因です。



長年の研究によって、

この2つの進行を防ぐ食材が数多くあることがわかってきまた。



それは鶏肉や鮭など意外に身近なものばかり。



ぜひ覚えて老化から身を守りたいですね。




老化のスピードは食事で変えられる



いくつになっても肌や髪がツヤツヤして、



エネルギッシュな若々しい人がいます。



一方で、年とともに体型が崩れ、しわが深く刻まれ、



くたびれた雰囲気を漂わせる人もいる。



見た目の老ける、老けないの差に、



毎日の食べものが大きく影響することが近年の研究により明らかになってきました。




老化のメカニズムを38年にわたって研究し、



『医者が教える食事術 最強の教科書』(ダイヤモンド社)



など食に関する著書を数多く持つ牧田善二医師(AGE牧田クリニック院長)が、



老ける食べものワースト3に挙げるのは、



「フランクフルトソーセージ、ベーコン、フライドポテト」。



AGE(終末糖化産物)という悪玉物質が大量に含まれ、



老化を促進させるというのです。



「老ける最大の要因は、酸化と糖化です。



かつてのアンチエイジング医学では、



体内に取り込んだ酸素の一部が活性酸素に変わる



『酸化』が老化の元凶だと言われてきました。



しかしそれと並んで現在では、



『糖化』が注目されています。


 

糖化とは、食品に含まれるタンパク質や脂質が



糖質と結びついて劣化する反応のことで、



そのときAGEという老化を促進させる物質が発生します。



たとえば唐揚げやステーキ、トーストなど、



こんがりしたおいしそうな焼き色がつく時に糖化が起こり、



AGEは生まれる。



食事そのものにも含まれますし、



体内で毎日少しずつ、化学反応によっても生まれます。


 

関節や眼球、血管など、



新陳代謝のスピードが遅い場所ほどAGEは蓄積しやすく、悪影響を及ぼす。



たとえば肌の奥にAGEがたまっていくと、



弾力性や柔軟性を保つコラーゲン線維の機能が低下し、



硬い皮膚になったり、しわができやすくなる。



肌が黄色っぽくくすんでくるのは、



AGEが茶褐色の物質のためだという。



肌の中で起きるAGE発生は、



20代後半から始まり、少しずつ蓄積されていくといわれる。


 

ただし大事なのは、



老化のスピードは食事の内容によって変えられるということです



食事の内容は明日のBlogで…











posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年10月25日

『大人ニキビと大気汚染』




800名の皮膚科医によって実施された新たな研究調査によって、



大気汚染と大人のニキビに因果関係があることが証明されました。



大人のニキビの原因は、



ホルモンのサイクル、



遺伝的要因、ストレス、



食生活、そして大気汚染など複雑です。



大都市で深刻な問題となっているPM2.5(微小粒子状物質)による大気汚染は、



肌に付着すると目には見えないものの深刻な影響があります。



2012年から14年までの2年間、



中国の北京で6万人を対象とした肌診が実施されました。



訪問者数のマッピングと



空気中の汚染物質濃度の検査が並行して行われ、



その結果、二酸化窒素の割合と



PM2.5のレベルが高くなればなるほど、



ニキビの相談件数が増加することが明らかとなりました




大気汚染のレベルとニキビのリスクは比例します。



大気汚染は皮脂の過剰分泌を促すこともわかっています。



実際、大気汚染物質が肌に付着すると、



皮脂の中に存在するスクアレンという成分に直接影響を及ぼし、



肌を酸化させ、



ニキビやニキビの原因となるコメド(角栓)を引き起こします。




また、乾燥肌でも大気汚染の影響を受けることがあります。



その場合、ニキビだけではなく、



アトピーやそのほかの肌トラブルを引き起こす可能性があります。



大気汚染が避けられない状況下で



ニキビを悪化させないためにはどういった肌のお手入れをすべきか



「毎日のスキンケアを正しく行うことが大切です。



化粧をしっかり落として、



肌に優しい化粧品で朝晩、



肌を清潔に保つように心がけましょう。



そして週1回程度、ゴマージュで



優しく古くなった角質を取り除きましょう」





















posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年10月24日

『気圧とぜんそく』



子どものぜん息の原因は主にアレルギーですが、



大人のぜん息の原因は運動、喫煙、ストレスなど様々です。



いずれの場合も、

台風の接近や前線通過など気圧の変化が引き金になって



発作を起こすことがあるようです。



気圧のセンサーは

内耳の中の前庭(ぜんてい)にあるといいます。



前庭は平衡感覚をつかさどる器官ですが、



同時に気圧の変化を感知しているのです。



「気圧の変化に敏感な人は、



気圧が低下すると自律神経が刺激されます。



自律神経は呼吸器や循環器などの働きをコントロールしているので、



気管支ぜん息の持病がある人は



台風の接近や前線通過などで気圧が下がると



ぜん息発作を起こすことがあるのです。



対策としては、



気圧センサーがある耳(内耳の奥にある前庭)に専用の耳栓をする、



くるくる耳マッサージを行う(イラスト参照)、



酔い止め薬を服用するといった方法があります。



これらの対策でぜん息発作を和らげる可能性があります。


DF04F806-73C1-4370-A54E-33822FD59379.png


耳栓は気圧の変化を和らげる効果があります。



耳のマッサージは、


耳の血流を良くして内耳の気圧センサーや自律神経を整えるためです。



酔い止め薬は平衡感覚をつかさどる内耳の前庭に働きますが、



前庭は気圧センサーの働きもしているので効果が期待できるというのです。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年10月23日

『ライフプラン相談会』





1028日(日)住まいる工房福山営業所にて、



『ライフプラン相談会』を開催いたします。



2A59AFA0-409D-4CBB-99FB-EC04835DE9DE.jpeg

マイホームを計画するうえで気がかりになるのがまずお金(資金計画)のお話。



そもそも、“資金計画なくして家づくりできない”



といっても過言ではないかもしれません。



当日はファイナンシャルプランナーの竹口氏をお招きし、



ご自身の住宅購入の経験も踏まえながら、



分かりやすく解説頂きます。



参加ご希望の方は事前のご予約を願いいたします!



ご参加は無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。



@10001200 

午前の部



A14001530 

午後の部

 



開催会場:住まいる工房福山営業所



お申込み&お問い合わせ



TEL:084-999-2588(曽田)



メール:info@atelier-smile.jp







posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年10月22日

「チョコブリ」



「チョコブリ」って?



その名の通り



「チョコレート」をエサに混ぜてブリを養殖しているという



チョコをブリに食べさせる理由は、



新鮮な色合いを保つため。



通常のブリは活け絞めにしてから2日ほどで、



血合いや肉が酸化作用によって褐色に変色してしまう。



一方、抗酸化作用のあるポリフェノールを含む



チョコを与えたブリは、5日経過しても新鮮な赤色を保つという



「みかんブリ」って?



2012年に愛媛県の企業が商標登録した「みかんブリ」



みかんの成分をエサに混ぜた「みかんブリ



みかんブリといえば、



柑橘系のさわやかな香りがするとして回転寿司チェーンで大ヒットしたそです。



チョコブリは、チョコの香りはしないのか?



チョコレートの風味がするということはないそうです。



みかんブリの場合は、変色を防ぐ方法を調べるため、



柑橘の皮をエサに入れていたところ、



肉に香りが付くことに気が付きたそうです。



そこで、香りをもっと効率的につけるために柑橘のオイルをエサに入れ、



真鯛にも香りをつけることに成功したそうです。



チョコブリは、香りは付かないので抗酸化作用だけに焦点を絞っているそうです。










posted by かっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記